人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)

http://mainichi.jp/select/seiji/09shuinsen/news/20090822k0000e010064000c.html
鳩山代表:「議席伸ばしても連立組む」 毎日世論調査に
 民主党の鳩山由紀夫代表は22日、毎日新聞の衆院選情勢調査で同党が320議席をうかがう勢いを示したことに関連し「どんなに議席を伸ばしても国民新党と社民党は共に戦ってきた相手だ。当然ながら連立を組ませていただきたい」と明言した。「私どもの調査では100人近くがボーダーでしのぎを削っており、楽観はできない」と党内の引き締めを図る考えも示した。北海道千歳市で記者団に語った。【佐藤丈一】


2005年の郵政選挙での敗因のひとつは、岡田代表(当時、現幹事長)の「単独主義」でした。また、消費税増税を掲げてしまったことです。

その反省が、今回は生きています。「連立を組む」という鳩山発言は当然です。

民主党は、派遣法問題で、非正規労働者を失望させたこともあります。社民党、国民新党が、目付け役にいてほしいという有権者もいるはずです。「社民、国民新党の監視があるからまあ、民主党でもいいか」という人も多いはずです。

かならずしも、民主党が、積極的に支持されているわけではないのです。

「どうみても、自民党は悪すぎる。」

そういう有権者の状況認識を代表はよくわかったご発言ではないか、と思うのです。

ですから、引き続き、謙虚な姿勢を見せることが大事です。

参考までに、以下の小沢代表辞任直後の民主党代表選挙についての記事を再掲します。

民主党新体制は「増税慎重」「野党共闘」で政権交代を
いい意味での「小沢路線」継承は民主党の躍進につながる
さとうしゅういち2009/05/16
 

http://www.news.janjan.jp/government/0905/0905153391/1.php

民主党の代表選挙が16日、実施されます。
 2009年5月民主党代表選挙実施要領(公告)

 鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表の両代表経験者による一騎打ちです。親小沢・反小沢などという党外の、とくにマスコミの雑音には惑わされず、「新代表を選んだからには、総選挙まで一致結束して進む」ということは大前提としなければなりません。
 参照:前原氏らの小沢批判 民主党幹部は指導部の自覚を

 原則は「党員・サポーター参加」での選挙ですが、「今」はまず体制建て直しが先決です。どうせ、「党員・サポーター選挙」をやったら今度はマスコミも自民党も「民主党は予算審議を妨害している」と言い出すに決まっていますから、あまり気にしないほうが良い。保守派もリベラル派も結束するべきです。

 どちらにせよ、「新鮮味がない」と言われるかもしれないが、9月10日までには必ず行なわれる総選挙で政権を取れなかった場合(その場合、代表引責辞任はやむを得まい)や、2010年9月の任期満了が来た場合に、若手や女性からもどんどん代表候補が出たらいいと思います。

■いい意味での「小沢路線」は継承を 
その上で私は、新代表を含む民主党新執行部に2個だけお願いがあります。おそらく鳩山さん、岡田さんで代表にならなかったほうが幹事長クラスの大役につかれるでしょうから特にこのお二人へのお願いということになるでしょう。(世襲立候補制限や、企業団体献金禁止についてはお二人とも進めていただけそうなので、あえてここでは申し上げません。)

 すなわち
 1.消費税当面上げず
 2.野党共闘堅持

 上記二つの意味での「小沢路線」は堅持していただきたい、ということです。この二つが民主党の躍進に貢献しているのは確かです。

■消費税増税は「NGワード」
 以下をご覧ください。左から政党、当時の党首、消費税に関する発言内容、そして招いた結果を並べてみました。

 自民党・大平正芳・一般消費税→1979総選挙惨敗

 自民党・中曽根康弘・「大型間接税導入しません」→1986同日選挙圧勝

 自民党・中曽根康弘・「売上税」提出→1987参院岩手補欠選挙大敗

 自民党・竹下登・「消費税」導入→1989参院選惨敗

 日本新党・細川護煕・「国民福祉税」導入→細川内閣求心力低下、連立瓦解(1994)へ。

 日本社会党・村山富市・「消費税」引き上げ決定→1995参院選惨敗、1996年日本社会党が空中分解。

 自民党・橋本龍太郎・「消費税」引き上げ&「医療費」負担増→1998年参院選惨敗・橋本退陣。

 民主党・岡田克也・消費税引き上げ&基礎年金保証&農業所得保証→2004参院選躍進(に見えて実際は共産・社民の減少分を吸収しただけ。)

 民主党・岡田克也・消費税引き上げ&基礎年金保証&農業所得保証→2005総選挙は惨敗。岡田退陣。

 民主党・小沢一郎・消費税当面上げず→2006年千葉7区補選勝利。

 自民党・安倍晋三・「選挙後に消費税引き上げ検討」→2007年参院選惨敗。

 いかに「消費税増税」が「NGワード」になっているかがわかります。

 特に橋本龍太郎さんが、1997年4月に消費税率を引き上げつつ、同年9月に医療費負担も引き上げたのは、大きかったのではないでしょうか? 「消費税は福祉目的と言われても信用できない」という皮膚感覚が市民に共有されてしまったと思います。もちろん、他の特別会計などの「埋蔵金」も目に余りますし・・・。


亀井静香さんと小沢一郎さん双方が登場した民主党ポスター。2008年10月、広島6区で筆者撮影。

■2005年「岡田KO負け」の原因を克服した小沢さん
 岡田克也さんは、2005年に代表だったとき、「年金を充実しますから消費税を上げさせてください」と主張しました(実は2004年参院選で社民党が似た主張をしている)。それはそれで、筋が通っていたと思います。しかし、「そんなの信用できない」という皮膚感覚が定着している有権者には受けが悪かったと思います。

 さらに、岡田さんは当時、野党協力に消極的でした。このこともあいまって、民主党は総選挙で「負けるべくして」惨敗したのです。いくら小泉人気があるといっても、民主党の177議席から113議席への激減はちょっとひどすぎました。

 前原代表を経て2006年4月に代表になった小沢さんが、「消費税増税せず」を表明し、直後の補選、千葉7区において僅差で勝ちました。このとき、出口調査で共産党=固い消費税増税反対政党の支持層のかなりが民主党候補に流れています。

 そして、その後も「全国行脚」で、社民党や新党大地、国民新党との選挙協力を進め、かつての宿敵亀井静香さんとも手を組みました。2007年の参院選にかくて圧勝しました。
 参照:「かつての天敵」小沢一郎、亀井静香が共に写る民主党ポスターが広島6区にお目見え

■新代表でも「小沢路線は堅持を」
 1.消費税当面上げず
 2.野党共闘堅持

 以上のことは、新代表が鳩山さんであろうが岡田さんであろうが、維持すべきです。
 参照:鳩山、岡田氏の記者会見詳報

 「格差社会の中で、多くの方々の暮らしは非常に厳しく、苦しんでおられる。このような時に消費税のアップの議論すらすべきではない」と鳩山さんは明言しています。

 岡田さんも、「基礎年金の保険料方式を改め、税方式の導入ということになれば、将来的には必要になる。しかし、直ちに消費税を上げるということにはならない。私が消費税を上げたがっている印象は持ってもらいたくない」とおっしゃいます。

 以上からすれば、まあまあ、現時点では1、については安心しています。あえて言えば、財源論への不安に反駁するため以下を提案したい。

 1.アメリカさえ、より実質的にお金持ちに甘い所得税の累進課税をせめてアメリカ並みにすること
 2.亀井静香さんの「相続税免除の無利子国債」を拝借し、「所得税免除の無利子国債」を導入する

 これなら、給与所得者で所得変動が大きい野球選手などでも、収入が多い年に無利子国債を買っておけばいいので、所得変動の衝撃を緩和できます。

 長期的にはイギリス的な食品や日用品は非課税にする「付加価値税」へ向かえばよいでしょう。

 民主党政権下で情報公開を進め、教育や医療、介護、雇用などで、十分なサービスを受けられるようになれば、国民の「増税アレルギー」も薄れてくると思います。

 麻生さんの景気対策は定額給付金や一時的な手当て以外は「可処分所得」を増やすものではない上に、後に消費税増税が控えています。その点を差別化すればよいのです。

 小沢代表時代からの基本スタンスである「もっと庶民生活を応援する」方向を厳守していただければ「経済政策」で民主党が「負ける要素」はない。
 参照:麻生政権の景気対策 断ち切れない「小泉政治」

■「単独主義」「比例定数削減」は控えるべし 
野党協力について言えば、以下の事を代表か党の大役に就かれるであろうお二人にお願いしたい。

 岡田さんにおかれては、2005年の教訓を思い出していただきたいと思います。「おれたちだけが」は禁物です。鳩山さんについては、2000年頃からずっとご持論の「衆院比例定数80削減」案を進めることについては、ご自重いただきたいと思います。

 「議員を減らせ」「議員の給料を減らせ」という声は、確かに市民の間には、イデオロギーの左右を問わず結構広くあります。

 私が参加した「自由と生存のメーデー」でも「麻生は時給300円で働け」というコールがありました。
 参照:「自由と生存のメーデー」に初参加

 こうした「議員も身を削れ」論は、「気持ちはわかる」。メーデーのコールの場合、「議員はもっと仕事をしろ」という発破をかける文脈であることは百も承知です。名古屋市長・河村たかしさんが「地方議員はボランティアで」というのも多分かなり「叱咤激励」の意味が入っていると思います。しかし、本当に議員数削減をやってしまうと、今度は政治の国民の声を届ける「国民の代表」の数を削ることになります。

 議員の給料を「今」過度に引き下げてしまうと、国会のチェック機能、立法機能を低下させます。また、それこそ「お金持ちしか議員になれない」「ブラックなお金を受け取らないとやっていけない」ことになりかねません。

 さらに「比例定数削減」は社民党、共産党、国民新党の不興を買い、選挙協力に影響します。むしろ、比例代表を基本に、都道府県単位での中選挙区を併用するような制度にして、他野党支持層に加え、公明党支持層も取り込むような構図を作れればベストでしょうが・・・。そこまでは今回は要求しません。


(引用終わり)

参考ニュース記事(その2)



Excite エキサイト : 社会ニュース

2009年8月22日 17時36分
「民主」300議席超「自民」100議席台 朝、毎、読、日経4紙世論調査
主要4紙が第45回衆院選を前に行った世論調査が2009年8月22日、出そろった。毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞は450議席のうち民主党が300議席を超す勢いだと報じた。朝日新聞は300議席台をうかがう勢い、とした。一方、自民党は前議席の300議席の半分も厳しいとみられている。

民主、衆院の3分の2以上の可能性も
毎日新聞は8月22日、民主党が小選挙区、比例あわせて320議席を超す勢いだと報じた。8月19日から21日にかけておこなった世論調査などから推計した。

記事によると、民主党は北海道、岩手、新潟、福井、山梨、長野、愛知、滋賀、奈良、和歌山、長崎の11道県ですべての小選挙区を制する勢い。小選挙区271人、比例単独59人の公認候補者330人全員が当選する可能性も示唆している。民主党は社民、国民新両党と連立政権を組む方針を示しているが、衆院の3分の2(320議席)以上を占めれば、提出法案が参院で否決されても単独で再議決が可能だ。

一方、自民党は公示前議席の300議席から大きく後退し、100議席を割り込むとみている。東京でも優勢なのは3選挙区にとどまっているほか、保守地盤の強い茨城、群馬などでも民主党候補がリードしている。小選挙区は60議席台も厳しく、比例代表も50議席を割り込む可能性が出ている。

読売、朝日、日経も民主単独過半数
読売新聞社が8月18日から20日まで有権者約11万人に行った世論調査でも、民主党は小選挙区、比例ともに自民党を圧倒し、単独で過半数を確保して300議席を超す勢いだ。8月21日に報じた。

朝日新聞社は8月18、19日に150小選挙区の有権者に電話調査を行い、民主党は単独で過半数を大きく超え、300議席台をうかがう勢いだ、と8月20日に報じている。

日本経済新聞社の世論調査では、民主党が単独過半数を突破して300議席超が当選圏だ。自民党は100議席弱の当選圏にとどまり、公示前議席の半数以下に減らすのは必至の情勢で、民主党圧勝による政権交代の可能性が強まっていると8月21日に報じた。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_8182175.gif


以下の野党各党も参考に
岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_8172468.jpg

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_813122.gif

岡田さんの失敗の教訓生かし「議席伸ばしても連立」(鳩山代表)_e0094315_815116.gif

解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/10932757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-08-22 21:27 | 選挙 | Trackback