人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解

【亀井金融・郵政担当相:中小企業支援、返済猶予法案を指示 臨時国会提出目指す】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090924dde001010038000c.html

現在、亀井大臣の発言は「モラトリアム」という部分だけが取り上げられて、民主・国民・社民連立政権の分裂誘いたい勢力が悪意をもって「モラトリアム」を強調し、株式市場参加者の不安を煽ることを広めております。

与党支持のリベラル派の人の中にもすっかり誤解が広がってしまっています。

「モラトリアム」という言葉は一般の人にはききなれない言葉です。せいぜいが、1927年の金融恐慌を連想させ、不安を国民に抱かせてしまうかと思います。

あくまで、「企業側がきちんとした事業再生計画を出した場合に銀行がそれを認めずに融資を引上げる(貸し剥し)ことを、金融庁としては認めない」との丁寧な日本語での説明に徹するべきです。下の毎日新聞の記事のように、「なるべく日本語を使ってもらうことや中小企業支援が目的であることをはっきりさせる」ように説明すべきです。


支払執行猶予は、一例を挙げれば、「返済計画の見直し(リスケジュール)」として借り手の企業と銀行側が同意した場合に幅広く使われている手法です。これが一部で内密におこなわれているだけなので、銀行はこれが『法律で借り手の権利として認められる』のを嫌がっているだけです(もちろん、基本的には、世界経済が安定しない現在に限る「時限立法」にすべきです)。

今回亀井大臣が行なおうとしている「貸し渋り、貸し剥し防止」政策に伴う中小企業や個人の住宅ローンに対する支払執行猶予は、バブル崩壊後の90年代中頃に大蔵省銀行局の暗黙の了解の下で銀行がおこなった「借金を膨らませ過ぎたゼネコンや住宅金融専門会社に対する債権放棄」に比べれば、国民的合意が得られるものだと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%B0%82%E9%96%80%E4%BC%9A%E7%A4%BE

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%B0%82%E5%9B%BD%E4%BC%9A


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会

みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_8182175.gif


以下の与党各党も参考に
「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_8172468.jpg

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_813122.gif

「中小企業支援・支払猶予法案」に対する誤解_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/11216753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-09-25 20:18 | 経済・財政・金融 | Trackback