人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

公務員はチルドレン・ファーストの精神を理解すべし

チルドレン・ファーストとは、現政権の理念の一つです。

民主党の子育て支援策は低所得者いじめなのか?
http://www.news.janjan.jp/government/0908/0908259248/1.php


おおざっぱにいえば、「親によって、子どもの教育機会に差がついてはいけない」という考え方です。

生活保護の母子加算の復活や、父子家庭への扶養手当創設など、子どもを第一に考えた施策、といえます。可及的速やかに実施してほしい。高校教育無償化もそうです。ただし、中学時代に結構お金がかかるというのも現実です。そういう意味からすれば、現金給付も必要です。

多くの先進国では、格差を是正するために、子どもに対して公的な投資をするのは当然、とされています。日本は公的な教育費GDP比も世界的に見て最低レベルです。小泉純一郎政権になってからも、それは悪化しています。地方教育費は毎年のように減少しました。

そうした状況を打破するのが民・社・国による現政権の政策理念です。ただ、まだまだ、現場の公務員レベルでは「チルドレンファースト」の理念は共有化されていないのです。

「加算がなくても節約すれば良いじゃないか」という公務員もいます。しかし、母子加算が廃止されるということは、当事者にとってどういうことでしょうか?

公務員だって、賃金をカットされているわけですが、カットされたときは「我々の財布に手を突っ込むな」と当局に対して抗議するわけです。当然のことです。ところが、他人が「財布に手を突っ込まれること」については、「我慢しろ」というのでは、それは筋が通りません。

橋下徹・大阪府知事はこのあたりを巧妙についている。かくて、他人に想像が及ばない公務員(一部であっても)を叩いて溜飲を下げてもらうという手法が横行するわけです。

あるいは、市役所に保育所をつくるのも、「ねたまれるから駄目だ」という話になってしまう。

大変非生産的なことになってしまう。

 そこで、立ち返るべきが、「チルドレン・ファースト」です。行政職員にはどうしても地域の名士の出身者もも多い自治体もある。その辺の苦労がわかりにくいかもしれません。だが、それならそれで、理念を理解するよう勉強しないといけません。

 親が公務員であろうが、民間であろうが、所得の高低があろうが、教育は平等にしよう。そういうことに全力を尽くすのが現政権、そしてそのもとではたらく公務員の務めではないでしょうか?

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会

みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利

e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif


以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/11272359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-10-03 00:24 | 教育 | Trackback