人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

企業年金減額へ 日航再建案

日本航空の再建案が固まりました。

企業再生支援機構の下での再建となります。

このことはマスコミなどでも大きく報道されています。

わたしが注目しているのは、企業年金の削減を検討するよう、前原国土交通大臣が、長妻厚生労働大臣に要請したことです。

社会全体からみれば、年金を高齢者に支給することで、若いものの仕事を奪わないように、という効果もあります。

しかし、企業に取り、年金負担が重くなりすぎればどうでしょうか?OBに支払う年金のために、若いもの(現役)に払う人件費を削減しようとする。その結果、過密労働になったり、非正規社員が増えたり、ということになりかねない。そうした現象が、日航で顕在化したといえないくないでしょうか?

あるいは、年金基金がファンドに運用を委託していますが、年金基金の高利回り要求に対応するために、株主として、高配当を企業に要求する。その結果、企業はやはり人件費を削減する。アメリカ流の短期利益重視に走る。若いものが就職できなかったり、過密労働になったり、とひどいめに遭うわけです。

現役のときにある程度以上収入があった人に高額な年金が必要なのか?資産がたくさんある人に高額な年金が必要なのか?このことは問う必要はあると思います。

当面は、収入が多い人からはもっと税金を頂くようにしないといけません。その上で、長期的には、年金制度そのものあり方を見直すべきです。

そうしないと、【若いとき正社員で、今は年金をもらっている高齢者に、失業した子どもや孫が頼る】という漫画のような状況がさらに広がっていくでしょう。

【若いとき正社員で、今は年金をもらっている高齢者】のみなさんは、【失業した子どもや孫が自分を頼る】という状況をおかしいと気付かないといけない。

さらにいえば、まだ、親に頼れるなら良いが、そうでない人は大変なことになります。

それが、昨年来の派遣切りによる惨事ではないでしょうか?職と住居を同時に失った。さりとて、いまさら、家族に頼れない。かくて、大量に外に放り出されてしまった。

もし、大手企業の年金を減額するないし、累進課税を強化するという改革を行なえば、「年配の大手企業正社員およびOB」の方には不利益でしょう。

この方々の投票率は高い。敵に回すと、怖い、というのはあるかもしれない。

しかし、この方々に反対されても、やるべきでしょう。そのかわり、きちんと教育や医療への税金投入を増やし、子どもや孫の教育や、自分自身の医療、介護により出費を強いられるリスクを減らせればある程度納得いただけると思います。

要は、国家によるリスク分散機能を強化しようよ、ということです。そうなると、ある程度大きな政府は止む無し、ということになります。

田中康夫さんが言うような、ベーシックインカムの議論も面白い。しかし、それと、やはり教育や医療の無料化などを組み合わせるべきでしょう。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_8172468.jpg

企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_813122.gif

企業年金減額へ 日航再建案_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/11469831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-10-29 19:58 | ビジネス | Trackback