エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【漢方薬問題】「きっこ無謬主義」は「官僚無謬主義」と同じ過ちだ

漢方医療が危ない!?事業仕分けに疑問続出


人気ブログ・きっこの日記で、「漢方が保険適用外になる」というのではデマだという趣旨の記事が出ています。

これに同調する形で、一部のブログの中では、マスコミがデマを流して民主党政権をつぶそうとしている、などという議論までされています。

しかし、民主党政権が行なうこと=全て正しいといえるのでしょうか?

また、官僚がやることが全て間違っているといえるのでしょうか?

民主党=全て正しい
官僚=全て間違っている

以上のような善悪二元論はいい加減にすべきです。


官僚がいくらムカつくからといって、官僚がしている事を全て否定したらそれこそわたしたちのための行政サービスが全部削られることになります。

そもそも、官僚が天下りした公益法人が補助金を中抜きしていたりすることが問題なのです。

官僚が言っている事で正しいことはいくらでも在る。教条的に官僚=悪としてしまえば、官僚が正しい事を言っている分野で、誤った政策を行なうことになるのではないですか?

官僚無謬主義が自民党政権下ではあったのは確かだ。

しかし民主党無謬主義に陥ってもいけません。


以下は、2ちゃんねるの書き込みで、わたしは2ちゃんねるは好きではないのですが、「きっこの日記」への的確な反論となっているので、引用します。(ただし、罵倒する表現が含まれますのでその部分はカットしています)。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1253884653/654

きっこは「仕分け会議で、「市販類似薬」が「保険適用外」になる可能性があるだけで 漢方が保険適用外になる訳じゃない」 とか、聞きかじりの知ったかぶりをしてるが

保険適用の漢方薬は149種類のほとんどが、ジェネリックとして、 普通に薬局で買える「一般用医薬品」になって発売されてる。
だから、漢方のほとんどが「市販類似薬」として保険適用外になる 可能性が非常に高いんだよ。

ちなみに、ツムラのマジな漢方薬なんか、「一般用医薬品」なんで確かに薬局でも買えるけど、 保険通さずに買ったらバカ高いぞ。

・きっこは保険適用漢方薬のほとんどが、「一般用医薬品」としてジェネリックで出ていることを知らない。
・まともな漢方薬を「一般用医薬品」として薬局で買うと、一日分1000円とかはザラ。
(きっこは「一般用医薬品」=「安価」と言う大きな誤解をしている)。


 わたしは民主党員です。しかし、民主党政権がやることを「盲信」してもらったら、困ります。批判すべきは検討したうえで批判していただきたい。ありがたいことではないでしょうか?

 同様に「きっこ無謬(むびゅう)主義」ともいえる風潮があるのではないか?


 だいたい、事業仕分けの乱暴な部分については、官僚や業界だけでなく、日本共産党も批判しているのですよ?民主党批判を何でもかんでも自民党の陰謀にするのは、いい加減にすべきでしょう。


まさか、日本共産党はアメリカや自民党の手先だとでも言うのでしょうかね?

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-28/2009112802_02_1.html
2009年11月28日(土)「しんぶん赤旗」

事業仕分けの三つの問題点
10中総結語 志位委員長が指摘

--------------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の志位和夫委員長は27日、第10回中央委員会総会での結語のなかで、鳩山政権がすすめた来年度予算案に関する「事業仕分け」について、「三つの問題点がある」と指摘しました。

 第一は、「本当に削られるべきムダ遣いが温存されている」という問題です。志位氏は、大型公共事業では「スーパー中枢港湾」や東京外郭環状道路などが温存されたこと、軍事費についてもヘリ空母や米軍への「思いやり予算」などにメスが入らなかったことを指摘しました。

 第二は、「削ってはならない暮らしにかかわる大事なものが乱暴な形で切られようとしている」ことです。志位氏は、医療や保育などとともに、科学・技術の基礎研究にかかわるものが最たるものだと指摘。9大学の学長が科学技術の研究は“短期的な効率主義”でみるべきではないと批判したことも紹介し、「“短期的な効率主義”で本来削ってはならないものに縮減のメスをいれることは言語道断のやり方だ」とのべました。

 第三は、仕分け人のなかに小泉「構造改革」を推進してきた人物が含まれていることです。やり方も時間を区切り、乱暴なものでした。

 志位氏は、「ムダ遣いにメスが入ったものもあるだろうが、いろんな問題を含みながら進んでいることもみて、適切な方向への是正を強く求めていきたい」とのべました。


主張「事業仕分け」これはあまりに乱暴すぎる
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-21/2009112102_01_1.html

さて、今回一番ご紹介したいのは、村野瀬玲奈の秘書課広報室の記事です。


日本の医療費は多くない (「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」も合わせて)


http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1531.html


日本の医療費支出は少ないほうに属するのに、それでも平均寿命は世界トップクラスです。それは、日本の医療のコストパフォーマンスが良いことを意味しているのに、医療費をなにがなんでも削ろうとするのは生命軽視の政策にほかなりません。

また、社会保障全体だって充実しているとはいえないわけです。

そこで、署名のお願いを。第1回締切を2009年11月30日(月)、第2回締切を12月7日(月)だということです。


●漢方を健康保険で使えるように署名のお願い
http://kampo.umin.jp/


 去る11月11日(水)の行政刷新会議の事業仕分け作業で、医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から除外する、という案が出されました。
 現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に寄与してきました。また、全国の医学部・医科大学でも医学教育の中に漢方教育が取り入れられ、日本東洋医学会で専門
医教育も行われ、専門家育成も進んでいます。
 わが国が迎えている少子高齢社会の中で、われわれ国民の健康を守るためになくてはならない漢方薬・煎じ薬が健康保険で使えなくなることに、断固反対をします。

平成21年11月20日
社団法人日本東洋医学会 会長   寺澤捷年
日本臨床漢方医会    理事長  石川友章
NPO健康医療開発機構   理事長  武藤徹一郎
医療志民の会      事務局長 木戸寛孝

第1回締切を2009年11月30日(月)、第2回締切を12月7日(月)とし、2回に分け署名を関係各所に提出予定です。

(引用ここまで)

一般紙だけではなく専門紙でもこの件は報道されています。

●薬事日報ウェブサイト
【日本東洋医学会など4団体】漢方製剤の「保険外し」反対で署名活動
http://www.yakuji.co.jp/entry17362.html

ある薬を保険給付の対象からはずすということは、「国家予算の支出の無駄を削る」というよりも、それを「病人に払わせる」ということです。そのように、なんでも国民につけを回すのなら、それは「無駄を削る」という名に値しません。


なお、生命軽視の政策としては、後期高齢者医療制度もありますね。民主党(政権)はこれを廃止できずに足踏みしています。民主党の力不足を示す一例です。世論の後押しが足りないというなら、日本国民、特に民主党支持者はこの件について民主党と民主党議員に叱咤激励の投書が必要でしょう。


なお、わたしは、一方で事業仕分けの意義を否定するわけでもない。

いままで、どうしてこんな予算がついていたのか?ろくに説明もついていないまま決まっていたケースが多かった。それを明らかにした。さらにお金の使い道に議論を巻き起こした。

言い方は悪いかもしれないが、寝ていた財政民主主義をたたき起こした。そういう意味では、意義があったと思います。

しかし、雑な面は雑な面として批判・総括が必要です。そして最終的な予算編成は、憲法25条に沿うものでなくてはいけない。公務員はその義務がある。

繰り返します。「民主党やきっこの日記はいつも正しい」などと思い込むことは間違っています。

むしろ、政権にどんどん注文をつけることが大事です。

極論すれば、自民党は、とくに末期には、注文をつけても、エライ人やアメリカの利益ばかりを追求して、耳を貸そうとしなかった。

民主党はそうはいっても耳を貸す態度を示している。それなのに、苦言を呈すべきときに呈さない。民主党が最初から正しいということありきで、あるいはきっこさんが正しいという前提ありきではいけないとおもいます。

追記:上記署名フォームでも、「案が出された」と表現しています。ですから、デマとまではいえないのではないでしょうか?

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/11682467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from vanacoralの日記 at 2009-11-30 23:54
タイトル : きっこ氏の「聞きかじりと知ったかぶり」
事業仕分けによる漢方薬への保険適用除外問題に関してかのきっこ氏がデマだという主張を展開しましたが、さとうしゅういち様並びにid:kojitaken様によって、きっこ氏の漢方薬並びに一般用医薬品に関する無知を指摘されると言う醜態をさらしています。 ■【漢方薬問題】「き... more
Tracked from vanacoralの日記 at 2009-12-09 23:51
タイトル : 嗚呼、またも「無能な味方ホイホイ」に・・・(唖然)
もはや民主党にとっての「無能な味方」を炙り出す餌となった「漢方保険除外はデマ」説。きっこ氏が事業仕分けの質問者と回答者を聴き間違えた事が上記陰謀論の要因である事が明らかになった後も、ヘンリー・オーツ氏とか美爾依(ミニー)氏とかいった、陰謀論に引っかかりや... more
by hiroseto2004 | 2009-11-30 02:07 | 介護・福祉・医療 | Trackback(2)