人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ

日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ
2010年02月02日政治・政党さとうしゅういち


http://www.janjannews.jp/archives/2511560.html

日本は今、「安物買いの銭失い」の悪循環に、陥って久しいのではないでしょうか?

中曽根政権から1990年代(橋本政権頃)は、「日本の物価は高すぎる、これからは生活者のための政治を」という声が喧しく、中小企業や農民、医者などを叩く風潮がはびこったのです。しかし、結局、これは、労働力の買い叩きにもつながります。また、インターネットなどで、派遣切りや雇止めに遭った人を「自己責任だ」、と叩いている特に自民党支持者の方々がおられますが、派遣・有期雇用労働者が作ったモノやサービスを買われたことはないのでしょうか?

そもそも、目指すべき経済モデルが間違っていたのです。小渕恵三政権から小泉純一郎政権にかけては、アメリカへの輸出に頼ることを前提とした。それを前提に、派遣法の緩和を実施した。また、地方交付税をカットし、地域経済を冷え込ませました。それにより、多くの人が、地元で就職できなくなって、東京(や東京本社の大手企業の下請けなど)になだれ込み、非正規労働者となることを強いられた。

北欧というのは「そのものをめざせ」という意味ではありませんが、アジアの中で、高付加価値で環境にやさしく、人に投資をする、という意味で使いました。そして、政治の民主化を進めるという点でも学びたいところです。

何かを叩いて溜飲を下げてもらうという小泉純一郎さん、そして「周回遅れの小泉」(と呼ばせていただきます)である大阪府知事の橋下徹さんの路線では、日本は「ショボイ国」になるだけです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_8172468.jpg

日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_813122.gif

日本の進路-「安物買いの銭失い」から「アジアの北欧」へ_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12078003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Die Weblogta.. at 2010-02-03 03:03
タイトル : 検察を動かした「清和会」を全員刑務所へぶちこめ!
 どうして,小沢氏が「悪者」なのか,私は理解ができない.  ちなみに,これまで,東京地検特捜部に逮捕されたのは,旧民主党の「経世会」のメンバーである. そして,彼らが現在の「民主党」の基礎骨格を作っていることにも着目しよう.例えば,管直人・副総理・財務大臣・内閣府特命担当大臣(経済財政政策)は橋本内閣時代の厚生大臣だったし,鳩山由紀夫総理も田中派の落下傘候補として衆議院議員となっている.一緒に民主党を結成した邦夫氏が自民党,つまり「清和会」へ寝返ったのは,単純に「大臣の椅子」が欲しかったからではない...... more
by hiroseto2004 | 2010-02-02 18:22 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)