人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを

亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを
2010年02月10日政治・政党東京田中龍作

http://www.janjannews.jp/archives/2585048.html

 「非正規職員を原則正規職員とする」との方針を衆院予算委員会で明らかにした亀井静香金融・郵政担当相は9日、東京・赤坂郵便局で非正規職員20人の声を直接聞いた。

2月9日、赤坂郵便局で、撮影・田中龍作

 日本郵政グループの非正規社員は20万人強で全体の47%をも占める。労働力の半分近くを非正規社員で賄っている状態だ。「小泉・竹中」の郵政改革で非正規化が一気に進んだからである。

 赤坂郵便局の会議室には都内の郵便局で働く非正規職員20人が集められ、亀井大臣はじめ国民新党の国会議員と意見交換した。国民新党は郵政改革の見直しを党是とする。

 意見交換を終えた亀井大臣は記者団に「(非正規社員は)厳しい生活をしている。先が見えない生活。あれじゃ結婚しようにもできない」などと感想を話した。

 派遣の全面解禁に代表される労働法制の規制緩和は、郵政改革と並ぶ「小泉・竹中改革」の象徴でもあった。「派遣切り」という言葉が流行語大賞になるほど雇用不安が社会に蔓延した。

 「非正規職員を正規職員にすると経営が悪化する」という指摘がある。一見ごもっともだが、結果はどうなったか――

 会社の株価を上げるために内部留保を増やす→リストラ奨励。派遣は全面解禁→ほんの一時期、景気は上向きかかったが、リーマンショックの一突きで日本経済は戦後最悪の不況に沈んだ。ごく一握りが豊かになるだけの経済構造は、脆くて薄っぺらいものだった。皆で貧しくなってしまったのだ。

 かつて日本経済は第1次オイルショック(1973年)を逆手にとってさらなる成長を遂げた。終身雇用制によるコスト高を吸収するためには生産性を高めなくてはならない。このため技術革新を重ねた。国際競争力は高まり日本製品は世界市場を席捲するに至ったのである。

 非正規社員を正規社員にすることで企業の足腰を強くする。貧困層を減らし経済を底上げできるようなビジネスモデルを作り上げる必要がある。.


亀井さんの言うとおりです。日本は労働者を使い捨てにすることで、その場だけの「好景気」を演出した。まさに「たこがたこの足を食う」ようなやり方をしてきたわけで、リーマンショックでアメリカが崩落すると、日本はアメリカ以上にひどいことになってしまったわけです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_8172468.jpg

亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_813122.gif

亀井大臣「非正規職員を正規に」、貧困層減らし経済の底上げを_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12129132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-02-11 09:56 | 新しい政治をめざして | Trackback