人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言

第10回公判 傍聴記 平成22年3月3日
http://www.prop.or.jp/court/2010-03-03.html


村木厚子さんの「冤罪事件」(といって差し支えないでしょう)。

3月3日は、元係長の上村被告人と北村・元課長補佐の証人尋問がありました。

検事から、被疑者ノートを中心とした尋問が続く。検事が確認し続けたのは「取調べ検事の作文だとあなたは証言してきたが、あなたはノートの各所で(調書に)同意してるだけでなく、取調べに不満が無い、という欄にもチェックを書き入れているではないか」「後日、書き加えたり書き直したりしたのではないか」の2点。

それに対して上村氏は「法廷で証拠として公開されることは全く知らなかったが、自分が後で(取調室で何があったか)読み返す必要を感じていたので、書き直しはしていない。」「不満がない、にチェックした時は、何を言っても無駄と感じて、もうどうでも良いやと投げやりになっていたから」と証言。

「村木課長は本当のことを言って欲しい、という記述もあるが?」と検事。「塩田さんが村木さんに指示したとか、誰かが郵政の森さんに電話したとか、検事から色々聞かされて、もしかしたら自分が単独で偽造した以外に、もう1枚証明書は偽造されたのでは?と思ってしまうほどだった。」



「だんだん僕は頭が混乱し、村木さんが何か知ってるなら話して欲しいと思った時もあったが、検事から偽造証明書は1枚だと聞いて、村木さんは絶対関与してないと確信できた。でもそれを何度言っても調書に書いてもらえなかった。」

検事「村木課長の関与を自分から言ったことは?」。上村「全くありません!」。検事「でも被疑者ノートに<村木関与を認めた>と書いてますよね」。上村「違います。認めさせられたという事です」。検事「自供したんじゃないんですか?」ここで弁護側より「異議あり!」の声。裁判長が異議を認める。

「でもあなたは・・・」検事が問いかけ方を変える。「村木さんの関与を積極的に否定してませんよね」。上村氏「はい」。検事「この段階(起訴前日)で、それをほのめかしでもしておかなければいけなかったのでは?裁判官からも最後のチャンスと声をかけられたのでしょう?」。

上村氏「怖くて・・・迷いに迷って、ああいうあいまいな書き方になってしまった。申し訳なかった。勇気がなかった。本当はしっかり書きたかった!」聞き取れないほどの声で証言を続ける上村氏の声が高まって来る。検事「村木さんが関与を否定してることは、知っていましたよね」。上村氏「はい。 でも追いつめられて、与えられる様々な情報に混乱して・・・」上村氏の声に嗚咽が混じり、ついに泣きながら叫ぶ。「今は、はっきり村木さんの無実を確認しています。村木さんは無実です!!」



竹中ナミさんが以下のようにおっしゃるのも当然です。

おそらく彼には「障害者団体に、書類審査のスピードを上げることくらい、してあげても良いんじゃないか。ちょっとだけ便宜を図って、彼らの活動を少し応援することくらい、いいじゃないか・・・」という、親切心や同情心も有ったのではないか、と思う。そんなふうに思えるほど、上村氏の証言の正直さと涙は、私の胸に切なく残った。

でもその心情を巨額の利益に利用した詐欺師たちがおり、その詐欺事件の構図を「政治家と省ぐるみの巨悪の構図」に書き換え、厚子さんを大犯罪者に仕立て上げた輩が居る。今日から先の公判は、その輩が断罪される公判であるべきだ。



午後の公判は、上村氏の上司であった企画課課長補佐、北村氏の出廷。

ここでもまた、今まで出廷した証言者のすべてが語ったように「検察の誘導尋問」が明らかになった。北村氏は、厚労省を訪れた倉沢被告を、村木厚子企画課長や社会参加推進室の室長らに引き合わせ、上村氏の証明書偽造を直接指示したとされている。

彼も取調べで一貫して「そもそも、倉沢氏に会った記憶がない」と言い続けてきたが、検事から「倉沢があなたの名刺を持っている。これは政治案件であり、石井議員、村木課長、そして社会参加推進室という流れは分かってるんだ。」と、東京地検に呼び出された最初の日に言われたそうだ。

「倉沢氏が名刺を持っているというだけではなく、誰それがこう言って、。誰それもこう証言している、と言われ続け、自分も記憶力に自信があるわけではないので、いつしか、そういうこともあり得るのか・・・と揺らいでしまった。」

しかも最初から「被疑者」としての尋問で、恐ろしさから逃れたい気持ちでいっぱいだった。「知らない」「記憶に無い」と言うと「一泊でも二泊でもして行くか!?」とか「検察をなめるなよ」とか大声で言われ、調書に署名してしまった。と語る北村氏。

 その後、度重なる取調べと何通も作成された調書をとりまとめる日もあったが、訂正や修正を言い出せなかった。村木さんを陥れるつもりなど、全く無かったし、こういう結果になったことを大変申し訳なく思っている。

 しかし・・・と、ここで声をあらためた北村氏の証言に、法廷内の皆が驚愕することに。「倉沢が私の名刺を持っている、ということが実は嘘だったんです! 私はやはり倉沢と会ってなかったんです。」「いつそれを知りましたか?」と弘中弁護士。「つい先日。公判のために検事と打合せをしている時です。」

前回の傍聴記で私は「検察の取調べノウハウ」を書いたが、後一つ「嘘の証拠をでっちあげて、ストーリー通りの証言を引き出す」を、加えなくてはならない。塩田元部長の証言を引き出した「石井議員への報告電話の通信記録がある」もそうだったが、こうなると本当に「嘘の証拠の提示」が取調べにおいて「常態化している」と言わざるを得ないだろう。

ジャーナリスト江川紹子さんが、上村氏の公判傍聴後、自身のブログに書かれた『地検「特捜部」は本当に必要か』を今、全国民が真剣に考えねばならない時かもしれない。

http://www.egawashoko.com/c006/000319.html

(太線赤字は引用者)

いやー!「倉沢が北村さんの名刺を持っている」という証拠をここでも特捜部はでっち上げていました。塩田元部長に対して、「石井議員との通話記録がある」と嘘をついたのと同じ手口ですね。

村木元局長の被疑事実は「すべて壮大な虚構」と元上司-JanJanニュース
http://www.janjannews.jp/archives/2573227.html

ところで、かくも深刻かつ馬鹿げた状況に陥った公判であるが、裁判長の最後の一言が、法廷を沸かせたことを記しておこう。今日の証人である北村氏へ投げかけたその一言は・・・「取調べ検事の、一泊でも二泊でもして行くか?というのは、東京の自宅にお泊まりなさい、という意味ではないですよね」という、お茶目なもの。思わず私は「裁判長に座布団3枚!」と声をかけてしまいそうになりましたよ、ははは。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_8172468.jpg

上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_813122.gif

上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2010-03-04 21:52
タイトル : 「口利き当日」はゴルフ場と石井議員
上村元係長・北村元補佐、特捜部の「でっちあげ」生々しく証言 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201003/2010030400054&rel=j&g=pol 石井一議員、口利き否定=「面会日」はゴルフ場に-厚労省元局長公判・大阪地裁  障害者割引郵便悪用事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の第11回公判が4日、大阪地裁であった。民主党の石井一参院議員(75)=当時衆院議員=が弁護側証人として出廷し、自称障害者団体...... more
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2010-03-05 00:01
タイトル : 【冤罪】国民を愚弄し「法の正義」を失墜させた特騒部などは..
 幾度となく拙ブログで取り上げてきた「障害者割引郵便悪用事件」であるが、2月28日のエントリでも紹介したように、この事件の背後には元首相の大物秘書としてマスゴミ対策に辣腕を振るってきた男が暗躍している。  そしてその一方で、将来を嘱望された村木厚労省元局長は逮捕拘禁され、その他の 多くの人達が「人を人とも思わぬ」大阪痴犬特騒部による人権侵害被害 に遭ってきた。  そして、3日に行われた村木元局長の第10回公判でも、 大阪痴犬特騒部による証言捏造の過程がさらに明らか となった! (以下、引用開始その1...... more
by hiroseto2004 | 2010-03-04 07:27 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(2)