人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20100310-OYT8T01075.htm

無医化危機 揺れる村
上小阿仁唯一の医師辞意


診療所で予防接種を行う有沢医師(左)(昨年12月、上小阿仁村提供)  1通の辞職願で上小阿仁村が揺れている。村唯一の医療機関「上小阿仁村国保診療所」に勤務する有沢幸子医師(65)が「精神的に疲れた」と先月下旬、突然、退職表明し、61年ぶりの無医村になる可能性が出てきたのだ。関係者は必死の慰留を続けているが「辞職の意思は固い」という。休みは20日に1回という激務に耐え、地域医療を支えてきた有沢医師に何があったのか。(糸井裕哉)

 ■村の神様

 「死に水を取ってもらえた」「こんなに話しやすい先生は初めて」。村を歩くと村民から、有沢医師への感謝の言葉が聞こえて来る。有沢医師は昨年1月の赴任以来、午前8時30分~午後5時15分の定時診療のほか、早朝や夜間の往診も自発的に続けている。

 脳梗塞(こうそく)で倒れた母(88)の看病を続ける小林ユミ子さん(66)の元にも、有沢医師は診療時間の合間を縫って連日訪問。今月8日の流動食開始日には3度往診し、「鼻から胃へ液体を落とすのよ」と優しい口調で説明を続けた。

 小林さんは「分からないことは丁寧に教えてくれる。有沢先生は私たちの神様なんです」と話す。

 斉藤ヒサコさん(70)は昨年3月に他界した義理の母(享年92歳)に対する有沢医師の献身的な診療が忘れられない。

 ふりしきる大雪の中、深夜の午前1時でも3時でも容体が悪化すると点滴や酸素ボンベを持って夫と駆け付けてきた。嫌な顔一つせず、「少しでも休んで」と家族をいたわってくれた。

 「息を引き取る瞬間まで、『ばぁちゃん、早く元気になれ』と声を掛け続けてくれた。先生が居なくなったら私は生きていけない」と斉藤さんは声を絞り出した。

 ■心に傷

 辞意を表した理由を有沢医師は公にしないが、小林宏晨村長(72)は「言われ無き中傷により、心に傷を負わせてしまったことが最大の原因」と語る。

 村幹部らによると、有沢医師は昨秋、診療所向かいの自宅に「急患にすぐに対応できるように」と自費で照明を設置。だが、直後に「税金の無駄使いをしている」と言い掛かりを付けた村民がいたという。

 また、昼食を食べに行く時間が無く、診療所内でパンを買った際、「患者を待たせといて買い物か」と冷たい言葉を浴びせられたり、自宅に嫌がらせのビラがまかれたこともあったという。

 昨年、有沢医師の完全休診日はわずか18日。土日や祝日も村内を駆け回り、お盆期間も診療を続けた。しかし、盆明けの8月17日を休診にすると「平日なのに休むとは一体何を考えているんだ」と再び批判を受けたという。

 診療所の小嶋有逸事務長補佐(60)は「こんなに身を粉にして働く医師は過去に例が無い。無医村になったら村民が困る。自分で自分の首を絞めている」と憤る。

 ■翻意なるか

 村は、有沢医師の負担を軽減するため、土曜日の完全休診制や村の特別養護老人ホームへの往診免除などを申し入れ、交渉を続けているが結果は芳しくない。

 村民の中には有沢医師に「辞めないで」と懇願するために受診する人もいる。署名活動の動きもあり、旅館経営の高橋健生さん(62)は「一人でも多くの声を伝えなければ手遅れになってしまう」と話す。

 有沢医師は兵庫県出身で、海外や北海道の利尻島などで診療に携わった経験がある。村へは夫と共に移住した。有沢医師は後任が見つかるようにと辞職日を来年3月末にした。だが翻意しなければ、村は2~3か月後に医師募集し、後任探しをしなければならない状況に追い込まれる。

 小林村長は「一部の不心得者のために人格も腕も一流の医師を失うのは不本意。医師不足は深刻で、無医村になる公算は限りなく大きい」とため息をつく。

(2010年3月11日 読売新聞)


秋田県上小阿仁村で、唯一の医師が辞表を出すという事態が起きています。

背景には、上記のような、一部の村人の心無いいやがらせ。


この村は、ちなみに、結構がんばっている村ではあるんです。

http://www.vill.kamikoani.akita.jp/forms/top/top.aspx

特殊な例としていいわけではない。

都会でも、いまや医師叩き→とくに小児科や産婦人科の勤務医不足という事態が慢性化しています。

日本全体で言えば、官僚たたきの勢い余って、自分たちが必要なサービスまで削ってしまってきていないか?

もちろん、官僚の天下り後の待遇は下げるべきです。それはそれで、きちんとやるとしても、サービスまで削ってしまえという乱暴な議論になってこなかったか?むしろ、天下りの待遇を下げつつ、現場公務員は増やしたらいいと思います(同一労働同一賃金への移行)。

 今年度の議会審議を見ても、広島県や広島市でも、一部自民党系会派の方々に、乱暴な職員叩き、教員たたきの傾向が見られました。とくに最近では、野党転落や公共事業予算削減もあって、利益誘導を出来なくなった。そこで、職員叩き、教員たたきを一時的な支持掘り起こしにつなげようという議員が目立つのではないか、と感じます。

政策レベルのことではなく、細かい待遇の面での話です。それも、人事委員会勧告で決まったものに、いちゃもんをつけているのです。もし、人事委員会勧告を否定するなら、制度そのものを否定しなければならない。公務員にも労働基本権を回復(そもそも、基本権が制限されているから人事委員会勧告制度がある)し、勤務労働条件を民間同様、ガチンコの労使交渉で決めるようにしないといけない。しかし、公務員を叩く議員たちがそういう提案をしているわけではないのです。

あまりに不毛です。職員叩き、教員たたきをやったからといって、生活が苦しい県民、市民の生活が良くなるわけではないのは明らかです。議員の皆さんには、建設的な政策の議論をお願いしたいと思います。

 このように考えると、今回の「上小阿仁事件」は、「秋田県の小さな村」だけの問題ではないのです。

 秋田よりは比較的都会の広島であろうが、もっと都会の東京であろうが、どこでも同じ構造は起きているのです。ただ、今回は小さい村の中のことだったので、事件の構図が見えやすかっただけです。

 マスコミにも苦言を申し上げたい。今回、マスコミは、叩いた側である、村人側を批判しています。

 しかし、広島県なり、広島市なり、東京都なり、日本国なり、という大きなレベルでは、感情的な医師叩き、教員叩き、職員叩きなどは、むしろマスコミは扇動してきた側だと思います。 数年前、医師や公務員を叩いて喝采を浴びた小泉純一郎さんを天まで持ち上げていたのはマスコミでした。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_8172468.jpg

【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_813122.gif

【上小阿仁村医師辞表】都会や国レベルでは医師・公務員叩きに加担したマスコミ_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-03-17 19:49 | 新しい政治をめざして | Trackback