人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

だぶついたエライ人を現場へ!

公務員制度改革。

結局、ベテランを「肩たたき」して、「天下り」させ、「仕事もあまりしないのに高給を取らせていた」ことに批判が集中しているわけです。

ただ、天下りをさせないと、今度はベテラン官僚がだぶついてしまう。新規採用も出来なくなる。若手が困るし、活力がなくなる。

どうしたらいいのか?というわけです。

わたしの提案は、「だぶついたエライ人を現場へ!」ということです。

確かに、天下りをなくせば、「エライ人」が本省にだぶつきまくります。

しかし、その人たちを有効活用すれば良い。

ひとつは、「労働警察」です。別に厚生労働省出身官僚でなくてもいい。

むしろ、労働問題は、各産業分野=各省庁の所轄分野で起きているのです。それぞれに賃金未払いにせよ、ハラスメントにせよ、特徴がある。いろんな省庁の出身者が、労働基準監督署に勤務する。省庁の壁なんて撤廃すればいいのですよ。

そして、各産業への知識を活かしながら、ガンガン取締りを強化する。そういう方向はどうでしょうか?

はっきりいって、官僚個人を叩くのは不毛です。なんの生産的なこともない。それで生活が良くなるわけでもない。

  我が民主党の一部政治家が政権獲得当初、中央でやったことも、今、阿久根市長がやっていることも「部下を叩いて溜飲を下げてもらう」という手法であり、あまり生産的ではないとおもいます。

むしろ、人材を生かして、国民生活を向上させる事を考えるべきでしょう。それには「だぶついたエライ人を現場に」です。

賃金体系については、賃金カーブは民間並みにフラットにすればいい。同一労働同一賃金にすれば良い。そのかわり、教育費は大学まで無償化すればいいのです。企業内福祉を、社会化するということでいいと思う。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_8172468.jpg

だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_813122.gif

だぶついたエライ人を現場へ!_e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2010-04-10 08:11 | 行政改革 | Trackback