人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

生存のためのメーデー広島2010参加者の声(2)

生存のためのメーデー広島2010参加者の声(1)

生存のためのメーデー広島2010。参加人数こそ少なかったのですが、多様なお話が出ました。

NTTグループは、トヨタを抜いて、利益日本一になりました。その、実態はどうなのか?元正社員の契約社員が実態を報告してくれました。

■NTT契約社員・・・「派遣」が支える「利益日本一」

自分は、定年退職後、契約社員となっています。

そのNTTの広島支社では、いまや、女性社員の99%が、派遣社員です。もちろん、男性でも正社員は少ないのです。

わたしの属しているグループでも、12人中、正社員はわずか3人で、5人が派遣社員、
4人が契約社員という有様です。

もちろん、派遣といっても、家族を扶養している人から、親元から通っている若い人までいろいろいます。しかし、派遣社員は、子どもがいるシングルマザーでも、扶養手当も出ません。
5年務めても、時給が10円上がるかどうかという程度です。

毎年3月になると、雇用継続の可否のの通知が会社から来ます。みな、それが気になって仕方がなくなります。雇用継続が決まると「やれやれ首がつながった」とほっとするという状態です。

派遣社員といえば、本来は、とくに忙しくなったときの助っ人であるべきなのですが、現実には年中彼女らがいないと仕事が回らない状態です。

電電公社時代には、ほとんどの社員が正社員でした。わたしは、非正社員で希望する人は、日本郵政がしているように、正社員にすべきだと思います。

また、民主党を支持しているNTT労組も、そのような運動を組むべきだと思います。RCC(中国放送)でも、昔は、とくに多くの女性が非正社員ですが、労組が闘争をして、正社員にさせました。そういうことが、これからも必要だと思います。

大きな労組の主催するメーデーでは、「普天間基地問題」がメインテーマになっているところもありました。それはもちろん大事です。しかし、労組である以上、足元の貧困問題をもっと取り上げるべきではないでしょうか?そのような見解でシングルマザーの方と一致しました。

なお、人数が減らされる中、正社員も大変です。最近では、東大や京大、阪大などのいわゆる一流大学出身者しか正社員になれませんが、彼らは彼らで、レポートを毎日書かされています。そして、自分が知っている範囲でも東大卒の若手正社員が二人も飛び降り自殺をしています。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




生存のためのメーデー広島2010参加者の声(2)_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide


広島市長・秋葉忠利
生存のためのメーデー広島2010参加者の声(2)_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
生存のためのメーデー広島2010参加者の声(2)_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12574833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2010-05-02 17:36
タイトル : 生存のためのメーデー広島2010参加者の声(3)
生存のためのメーデー広島2010参加者の声(2) 鳩山総理は、温室効果ガス25%削減のため、原発推進を掲げています。これに対しても、批判の声が出ました。 また、NPT再検討会議に関しては、核廃絶で「もっと日本政府がリーダーシップを」という注文も出ました。 ■増田千代子さん 民主党は、原発を、二酸化炭素削減のために進めています。海外にも原発の販売を閣僚自ら進めています。 原発は、二酸化炭素は出さないが、放射能・放射性廃棄物をたくさん出します。 ウランを採掘するときから...... more
by hiroseto2004 | 2010-05-02 17:23 | 生存ユニオン・独立系メーデー | Trackback(1)