人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

【参院選広島選挙区】 民主党新人・中川圭さんに期待します

既報のとおり、5月13日、 今夏の参院選広島・選挙区(改選数2)においてわたしが所属する民主党は現職の柳田稔さんに続く二人目の候補に乳がん患者友の会きららの中川圭さんを決めました。

http://hiroseto.exblog.jp/12633634/

民主党、広島県連初の女性国会議員なるか?
2010年 5月 13日 《広島》 【取材ニュース】 <医療・福祉> <政治・政党> <選挙>
さとうしゅういち
http://www.janjanblog.com/archives/2233

中川圭を励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058


2010/05/13
小沢幹事長、次期参院選広島県選挙区公認候補に乳癌患者友の会「きらら」世話人代表の中川さん擁立を発表

http://www.dpj.or.jp/news/?num=18175

 2010/05/13
小沢幹事長、次期参院選広島県選挙区公認候補に乳癌患者友の会「きらら」世話人代表の中川さん擁立を発表

 小沢一郎幹事長は13日午後、広島市内で会見し、次期参院選挙広島選挙区の公認予定候補として、広島在住で乳癌患者友の会「きらら」世話人代表で「NPO法人 広島がんサポート」前理事長の中川圭さんを擁立すると発表した。

 小沢幹事長は「本日県連の常任幹事会で決定し、できるだけ早い機会に本部においても公認の決定をすることになる」と前置き。そのうで中川さんについて「乳癌患者友の会『きらら』世話人代表をつとめ、同じ悩みをもつ皆様への支援活動を行っている」と紹介した。

 また、「私も以前、癌にかかったがたまたま早期に発見できたので今も元気である」と経験を語り、「国民、そして全世界の人々にとって、癌の克服は非常に大きな問題。従って政府としても真剣に癌の克服のための施策を講じていかなくてはならないと思っている」と指摘。昨年の総選挙においてもがん対策はマニフェストの重点施策のひとつとして取り上げたことにふれ、「ちょうど参院選マニフェストの作成中だ」が、「中川さんがわれわれの仲間として国政に参加するご決断をいただいたこの機会に、癌の問題に対する施策をマニフェストでも強く打ち出していきたい」と語った。

 続いて挨拶に立った中川さんは、「女性を癌から守り、女性の健康をサポートする活動を続けてきた」と、これまでの経験を明かし、立候補への広島県連からの呼びかけには驚き、最初は固辞したが、「これから取り組んでいきたい思う活動を話すなかで、癌の経験、またこれまで取り組んできた活動と体験を、政治の場で活かせるではないかと考えるようになった」と立候補への経緯を述べた。

 「いのちを守りたい。一人ひとりの大切ないのち、そのいのちを大切にしたい」とする民主党と新政権が大きく掲げる理念と、自らの「一人ひとりの命を大切にする」活動の思いとが一致するものがあったとも強調。「一人ひとりの市民の健康をサポートする活動を、とりわけがん患者さんの、身体・心・経済的な痛みすべてを和らげるための取り組みを国政の場でさせていただこうと考え、立候補の決意をした」と表明した。

 中川さんはまた、記者の質問に答え、「お金もないし、しっかりとした基盤があるわけでもないがただ、こういうチャンスを与えていただいたのだから、皆さんの声を集めて、私が大きな声を上げていく」と訴えた。「私は癌患者で、それも再発患者だが、お陰さまで元気にさせてもらっている。しかし、これまで何人もの大切な人を亡くした。そうした方々のなかには救える命もあった。そうした救える命を救うことに繋がる活動が、私が立候補することによってできるのではないかと思っている」と、政治への熱い思いを示した。

 さらに選挙戦について問われ、「厳しいことは素人でも想像がつく。そして、民主党の支持率が低迷していることは存じ上げているが、私の民主党のイメージは、最初にも申し上げた通り、『いのちを守る』『いのちを大切にする』という私の活動と繋がっている。何よりも、そうした思いの一番元となるのは、お亡くなりになった山本孝史先生。私は山本先生から頂いたバトンをもって一生懸命走らせていただきたい」とも決意を表明した。

 同席し、自身が立候補の説得をした三谷光男県連代表は、「民主党らしい候補者を選びたいとこれまでも申し上げてきた。まさに一番民主党らしい候補者を選ぶことができた。本当によかった」とした。なお、会見の司会は中原県連幹事長がつとめた。


■中川 圭(なかがわ けい)
1958年5月11日 福岡県博多市生まれ、4歳のとき、両親の出身地・広島へ。
大学卒業後、大阪のインテリアメーカーへ就職したが、縁あって教職に就き、大阪市内公立中学校教諭となる。
1991年3月 結婚
1996年8月 父の看護のため、夫婦で広島へ。
2000年8月 乳がんの告知を受け、9月の手術を機に「きらら」の前身「癌友の会」を設立。
2002年1月 癌の転移が発覚。
2003年1月 自らの治療の傍ら、正式に「乳癌患者友の会 きらら」を発足。
2004年   広島で初めて開催された「ブレストケア・ピンクリボンキャンペーン2004」に実行委員として参加。
        翌年から、年2回の「ピンクリボンフォーラム」を「きらら」主催で開催。
2008年   すべてのがん種を対象とした「NPO法人 広島がんサポート」を設立。      
        患者企画の医療ビル「ピンクリボン39」を設立。
        広島大学大学院総合科学研究科非常勤講師に就任。
2009年   国際ソロプチミストアメリカ日本西リジョン「女性のための変化をもたらす賞」受賞。
        日本乳癌学会 患者向けガイドライン作成小委員会に就任。





与党現職(議員20年近い大ベテラン)・野党新人(ただし、衆院当選3回、総理や知事の経験者を肉親に持つ)の間を縫って当選するのはなかなかに厳しい。

 しかし、有力2候補の「勢力範囲」の官僚・業界団体や労働組合幹部では声を代弁してもらえなかったような人はかなりいると思います。

 だからこそ、病気の当事者で、しかもそれを社会の問題にして、さらに、具体的に成果を挙げてこられた中川さんがふさわしいと思うわけです。

 極論すれば「東大を出て(わたしもそうですが)いい会社・いい役所に入って、順当なエリートコースを歩んだ人」にはなかなか経験できないことをいっぱいご存知である。そしてそれ
をなおかつ、社会問題に昇華し、さらに具体的成果とした方はそうはお見かけしません。ピンチに陥った当事者の方はなかなか声をあげられない人のほうがおおいから・・。

 今は、本当に生活に困っている人がたくさんおられます。わたしの活動の中でそうした実態に触れています。

 大病された挙句、それがもとで経済的にも困ってしまうという方も多く触れています。最近では介護に悩んだ挙句、仕事をやめてしまい、行き詰まって・・という方が特に男性でも増え
ています。

 ところが、ことごとく「自己責任」で切り捨てたものだから、いろんな意味で貧困が広がっている。就職難、失業の問題もそうだと思うのです。

 これまで、いろんな問題を「自己責任」と切り捨て、声なき声を封じてきた結果が今の有様だと思うわけです。

 病気になった結果、経済的にも社会的に苦しくなっても、見捨てられない。また、社会に居場所がある。そんな社会になってほしい。人間、いつも順風とは限らない。でも、つまづくこと
があっても、また、戻る場所がある。そんな社会にしたいと心から思っています。

 佐藤家は、先祖代々自民党支持者でしたし、自民党参院議員が親族にいます。また故宮沢総理のご先祖の成績表が、我が家の土蔵にあったくらいです。民主現職も組合(連合広島)の大先輩かつ大学の先輩です。それぞれに大変優秀だと思います。

 しかし、そんなことは関係ない。今、国会に必要なのは誰か?ということなんです。 という風に、わたしだったら、応援演説して差し上げたい。


民主党、広島県連初の女性国会議員なるか?


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
中川圭を励ますコミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12637960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2010-06-26 00:47
タイトル : 【参院選】広島選挙区、「与党2議席防衛」を巡り激しい攻防
参院選・広島選挙区は、改選数2です。 民主党現職(国民推薦)・柳田稔さん(厚労委員長、大手企業労組幹部) 民主党新人(国民推薦)・中川圭(なかがわ・けい)さん(乳癌患者友の会・きらら代表世話人)。 共産党新人・大西理さん(党県常任委員) 自民党新人・宮沢洋一さん(衆院三期、元大蔵省官僚) 幸福実現党新人・植松満雄さん が立候補しています。 2004年の選挙では、民主党の柳田稔さんと当時まだ自民党にいた亀井郁夫さんが当選しました。 当選 509875 柳田 稔 49...... more
by hiroseto2004 | 2010-05-14 07:26 | 選挙 | Trackback(1)