人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

警察・司法の自民偏向こそ大問題!世田谷国公法弾圧不当控訴審判決

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-14/2010051401_02_1.html

2010年5月14日(金)「しんぶん赤旗」

世田谷国公法弾圧事件
控訴棄却の不当判決
東京高裁 「堀越」判決に逆行

--------------------------------------------------------------------------------

 2005年の衆院選挙中に「しんぶん赤旗」号外を配ったことが国家公務員法に違反するとされた元厚生労働省職員、宇治橋眞一さん(62)の世田谷国公法弾圧事件の控訴審判決が13日、東京高裁であり、出田孝一裁判長は「政党機関紙配布の禁止は合理的で、憲法に違反しない」と、弁護側控訴を棄却し、罰金10万円の不当判決を言い渡しました。弁護側は即日上告しました。

 判決は、ビラ配布の内容を検証して逆転無罪判決とした国公法弾圧堀越事件の東京高裁判決から、大きく逆行する異常なものとなりました。日本共産党の市田忠義書記局長は、「時代に逆行したもの」との談話を発表しました。

 判決は「政党機関紙の配布は党派的偏向の強い行動類型に属する」としてビラ配布を「違法性の強い行為」と一方的に決め付けています。

 宇治橋さんの行為は、休日に職場と無関係の場所でのもので、外見から国家公務員とはわかりませんでした。しかし判決は、国家公務員のビラ配布で具体的に被害があろうとなかろうと「行為のうちに危険が擬制(あると見なすこと)されている」と、国家公務員の政治活動を制限した国公法を「合理的」としました。

 出田裁判長は、36年前の猿払事件最高裁判決についても、その後、飛躍的に発展した国内外の人権法にかんする理論をふまえることなく「すべてについて見解を同じくする」と、安易に踏襲しました。

 判決後、宇治橋さんは「言論表現の自由は国民みんなに認められている。きわめて悪らつな判決。最高裁で無罪を勝ち取り、国家公務員の表現の自由を満たさなければならない」と語りました。


--------------------------------------------------------------------------------

解説
「世界標準」と向き合え
 世田谷国公法弾圧事件の不当判決は時代錯誤で、民主主義の精神とは、ほど遠いものです。国公法弾圧堀越事件の東京高裁(中山隆夫裁判長)の逆転無罪判決と比べても、大きな隔たりがあります。

 堀越事件の東京高裁判決では「表現の自由は国民の基本的人権のうちでも特に重要なもの」と、憲法を柱にすえ、ビラ配布に刑を科すことは憲法21条に違反するとしました。

 ビラ配布は、誰もが簡単にできる基本的な表現活動です。ところが、世田谷事件判決では「違法性の強い行為」と決め付けられ、表現の自由について考慮しようともしていません。

 さらに、公務員の政治活動を放任すると「政治的党派による行政への不当な介入のおそれ」があると偏見に満ちて断定。その「予防的な制度的措置」のために、国公法は合理的としています。そして1974年の猿払判決を「社会情勢の変化を踏まえても、改めるべき点はない」と擁護しました。

 日本の国公法は、国家公務員の政治活動を広く制限し、それに刑事罰を与えています。勤務時間外の活動は原則自由で、違反しても刑事罰でなく懲戒処分になるフランスやドイツなど欧米諸国と比べて異常です。

 これを踏まえ、堀越事件判決は「世界標準」の視点で、「整理されるべき時代」としたのに対し、世田谷事件の出田孝一裁判長は「諸外国の例は、日本と政治的力関係や社会的諸条件が異なる」と、“鎖国”を思わせる発言で廷内の失笑を買いました。

 言論表現の自由という、民主主義の根幹にかかわる両事件は、最高裁に上告されました。最高裁は「世界標準」にどう向き合うのか―。大法廷での真剣な審理が求められます。(矢野昌弘)


一言申し上げます。

一介のヒラ職員がビラを休日に市民として配って何が悪いの?

それより、森田健作被疑者も逮捕しない。西松疑獄で二階さんの腹心を逮捕もしないで略式起訴。

一方で、共産党のビラ配りはこんな風にして弾圧。

それが自民党政治ではまかり通ってきた。

そういった、警察や検察、そして司法の偏向こそ、大問題ではないでしょうか?


世田谷国公法弾圧を許さない会
http://homepage3.nifty.com/s-kokkou/


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




警察・司法の自民偏向こそ大問題!世田谷国公法弾圧不当控訴審判決_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
中川圭を励ますコミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
警察・司法の自民偏向こそ大問題!世田谷国公法弾圧不当控訴審判決_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
警察・司法の自民偏向こそ大問題!世田谷国公法弾圧不当控訴審判決_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2010-05-16 02:10
タイトル : 【小沢幹事長】情報を私物化する莫迦ウヨ御用達の腐痔惨軽や..
 去る4月27日、 客観的証拠も無しに「 市民感覚」を騙る頭狂第5犬察審査会のアホウども が、民主党の小沢幹事長に対して「起訴相当」の議決を下した。  そして14日夜、小沢幹事長に対する 3度目となる頭狂痴犬特騒部による事情聴取 が約4時間半に渡って行われた!  もっとも、これまで2度も事情聴取や家宅捜索など1年以上に渡る執拗な捜査が行われて結果、「不起訴」となった訳であり、 これ以上新たな証拠が出るわけがない!  頭狂第5検察審査会の議決文を見れば一目瞭然なのだが、そもそも 「申立人」が「匿名希望...... more
by hiroseto2004 | 2010-05-15 10:34 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)