人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

不毛なレッテル貼りより「国民の生活が第一」

菅首相は「金持ち増税」を打ち出し、嘘つきマスコミと戦え(きまぐれな日々)に賛成です。

マスコミは、自民党など旧与党や財界、財務官僚らとともに、「法人税減税・消費税増税」に無理やり世論を誘導しようとしています。

マスコミは確信犯で、庶民からさらにむしりとる税制「改革」を、菅総理の発言をねじ曲げてまで進めています。

政府税調専門家委員会の神野座長らは、「まず、課税ベースが縮小し、お金持ちに甘くなっている所得課税を見直す。法人税も課税ベースを拡大する。」方向です。

しかるのち、「小さな政府(アメリカ型)なら、直接税中心」「大きな政府(北欧型)なら間接税中心」を検討する、という案配です。
そもそもの間違いは、「痛みに耐えていれば、ダメな企業は退場し、強い企業だけ残り、日本は良くなる。」「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」などと叫びまくった小泉純一郎さん、竹中平蔵さんら(さらにさかのぼれば、橋本政権、中曽根政権)にある。

そして、内需縮小を強行した。地方交付税をバッサリカットし、地方を疲弊させた。

結果として、人々は、ブラックな企業でも我慢して働かないといけなくなった。
このあたりが根本的な誤りです。

まず、雇用、景気に全力をあげることです。

経済環境が悪ければ、いくら法人税を下げても意味がない。とくに不況のせいで、赤字になった企業には恩恵なんかない。

その上で、お金持ちには、課税ベース拡大などで、もう少し負担いただく。

せめてアメリカ並みには政府規模を大きくする。

そこから先は、さらに大きな政府をめざすかどうかで消費税率引き上げの是非を問えばいい。

菅政権には以上の方向に確信を持って進んでいただきたい。

マスコミに負けず、どんどん情報発信してほしい。

また、繰り返しますが、枝野幹事長が企業献金を受け取らないと宣言したのはいいことです。

自民党が、企業献金を大手企業から受けて、一部大手企業に都合のいい政治ばかりしてきたつけが、今噴出している。

そうした中で「企業献金を受け取らない」という枝野幹事長の宣言は、もっと大きく取り上げたい。

民主党支持者でも、だれそれは反小沢だ、親小沢だ、などの議論が盛んです。

しかし、わたしは敢えて申し上げたい。
「黒い猫でも白い猫でもネズミを取る猫が良い猫」である、と。
政治家の飼い主は主権者たる国民である。

小沢さんが、自民党政治をとりあえず終わらせるのに力になったことは評価しますし、一方、枝野幹事長が、企業献金を受け取らない、と宣言したことも評価します。

とにかく、いい方向に政治を進めてもらえればいいんです。

誰であろうが、いいことをしたら誉めるし、まずいときは、まずいと直言する。
それが支持者というものでしょう。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=18318

2010/06/07
新しい内閣を政権与党として全力を挙げて支えていく 枝野新幹事長が就任会見で

枝野幸男新幹事長は7日夕、党本部で、両院議員総会での幹事長承認後の初の会見に臨み、「幹事長という重責を大変重く受け止めている。お引き受けした以上はしっかりと責任を果たして参りたい」と強い決意を表明した。

 その責任の第一に関して枝野幹事長はまず、「昨年の8月に国民の皆さんから『この国の政治を変えてほしい』と大きなご期待をいただき、鳩山総理は一生懸命努力をされ、私もこの8カ月間、努力してきたが、残念ながらその期待に十分に応えていないという思いを多くの皆さんがお持ちになられる状況になってしまった」と分析。「そのことを改めて国民の皆さんにお詫び申し上げるとともに、8月にいただいたご期待にしっかりと応えていく。そのため、明日、発足する新しい内閣を全力を挙げて支えていく。そのことが私の何よりもの責任だと思っている」と語った。

 それを実現に向けて枝野幹事長は「政府と与党の一体化、政策決定の一元化、政治主導、官邸主導、こうした政治をしっかりと実現し、実行していくための内閣と党との関係をしっかりと整理したい」として、「総理や官房長官と密接に連携・連絡をとり、党・国会の声をしっかりと受け止め、その連携を図ることで、それぞれの地域でたくさんの票をいただいて国会に送っていただいた議員、それを支えていただいた多くの国民の皆さんの声が、官邸主導、政策決定の一元化というなかで実を結んでいくと思っている」と述べた。

 同時に、「そうしたプロセスのなかで政策調査会を復活させ、すべての議員の力が政策実現に結びついていく体制をしっかりと確立したい」と強調した。

 第ニ点目として枝野幹事長は「そうした政策を、国民の皆さんの期待を実現していくためには、国民の皆さんの政治に対する信頼、政権や民主党へ信頼を回復していかなければいけない」との見解を示し、「そのために、党運営の徹底した透明化を進めていく」と宣言。事業仕分けを通じて、内閣のなかで行政の透明化という仕事の先頭に立ってきたが、「透明な行政を支える政権与党は、その党運営も透明でなければならない」として、そうした観点から意思決定のプロセスや党運営に関する様々な情報の公開を進めて行くとした。

 また、政治に対する信頼という意味で、政治とカネの問題が問われていると指摘。企業団体献金の廃止をマニフェストでも約束している政権与党の先頭に立つ幹事長として、「今日を機に、いわゆる企業団体献金については個人としては一切受け取らないことで進めていきたい」とも表明した。

 そのうえで枝野幹事長は「いずれにしても国民の皆さんから与えられた期待に応えていくためには、まずは参議院選挙をしっかりと乗り越えていかなければならない。この間、国民の皆さんの期待に十分に応えてこられなかった、そのことを踏まえると残された時間でこれを取り戻すことは大きな困難があるが、困難が多いからといってあきらめてはこの国の政治を変えることはできない」と表明。「希望をもって、勇気をもって、そして自信をもって、民主党の新しい出発、民主党政権の新しい出発を訴えていき、この参議院選挙を何とか乗り越えて、秋以降、鳩山総理の残された思いを政策実現という形で実現していきたいと思っている」と力説した。

 なお、司会は細野豪志幹事長代理がつとめた。


「菅新総理・代表を先頭に『全員野球』の民主党、そして日本を」
http://www.janjanblog.com/archives/4735


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12771056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-06-08 12:37 | 経済・財政・金融 | Trackback