人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

樺美智子さん没後五十年

五十年前の今日、国会議事堂前で、日米安保条約に反対するデモ隊と警官隊が衝突し、東大生の樺美智子さんが亡くなりました。

当時の状況はわたしも聞いています。結構命の危険を感じた、ということをデモ参加した方からは伺います。

ただ、日米安保条約は参院での決議を自然成立。

以後五十年間、ずっと自民党(的)政治の柱として続いてきました。岸総理は退陣と引き替えに自民党政治の基礎を構築した。

なお、安保といえば、軍事面ばかりが注目されがちですが、第二条では経済協力もうたわれています。

対等な協力ならいいが、そうはいかない。

特に1985年のいわゆるプラザ合意、そして1990年の日米構造協議以後は、アメリカに従属した経済政策が強まった。

いわゆる年次改革要望書による対日圧力、それから日本もアメリカ国債大量購入で応えた。

日本も、トヨタをはじめ、大手企業がアメリカへの輸出に依存している手前、アメリカのいうことを聞いてきた経緯はあります。

ただ、ご承知のとおり、今や対中国輸出は、対アメリカを抜いた。

もちろん、アメリカとの友好関係は大事なのは当たり前(共産党だってそれは否定しない)ですが、一方で世界がアメリカ中心で回る時代ではなくなった。

G20も、結局アメリカも相対的な存在感が低下したことを象徴しています。

これからは、いかに中国やインドなどにも、経済大国としての責務を果たしていただくか。その中でアジア地域の安定を図っていく。このあたりも大事な課題になっている。

正直に申し上げて、五十年前の熱い闘争は本土では起きるような気配はない。

しかし、冷戦も終わり、経済状態も変わった。

そうした中、日本がどうあるべきか、の議論はもっとあっていい。

冷戦が終わってから20年間積み残した課題にとりくまないといけない。

バブル崩壊後は「失われた十年」でした。

その後の十年は小泉純一郎さんらが、「アメリカにくっついて一部大手が儲ける体制」護持に汲々とし、結果として日本も自民党もぶっ壊した十年です。

日本は今後五十年、どうあるべきか。政治家はもっと議論をしていくべきである。
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




樺美智子さん没後五十年_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
樺美智子さん没後五十年_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
樺美智子さん没後五十年_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/12808812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-06-15 19:19 | 新しい政治をめざして | Trackback