人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

古い社会システムのしわ寄せは子どもに

わたしは野宿生活者支援のボランティアに参加させていただいています。

岡山・野宿生活者を支える会炊き出し参加記 暑中編

http://www.janjanblog.com/archives/10887
 
岡山・野宿生活者を支える会炊き出し参加記 梅雨入り編
http://www.janjanblog.com/archives/5634

その中でもいろいろ勉強させて頂いていますが、衝撃的だったのは以下の事件です。

わたくし・さとうしゅういち自身が議会で政治を変えねばならない、という決心を固くした事件でもあります。
 
4月下旬、20歳くらいの夫婦と,2,3歳の娘さんが路頭に迷い,炊き出しに並ばれていたのです。

正直に申し上げて、表現する言葉もありません。
 




大阪でおきた,下村早苗被疑者による二児遺棄事件が今、大きな衝撃を与えています。

下村被疑者と違い,親は子供を見捨てているわけではありません。

だが、家族全員が野宿状態ですから,お子さんにとってとくに大変です。
 
十分に教育を受ける機会はおそらくなかった(年齢から推察するに)ご夫婦が,お子さんを持つに至り,このような状態になったことが推察されます。
 
昔,景気が良かった時代には,高校中退でも正社員(中小企業なら)に6割くらいはなれたのですが,今は絶望的です。学業がうまくいかずとも,家業を継ぐ人も多かった(統計的にみて)。TVドラマでも,なんとか実家の家業をついで,というシーンがあります。
 
「子どもの貧困-失われた教育の機会均等-」
http://www.janjanblog.com/archives/3356
 
しかし,2002年秋の「金融再生プログラム」を契機に,多くの中小企業が貸しはがしにあい,つぶれてしまったし,2004年度からの地方交付税交付金のカットも打撃は大きかったと思います。これで,高校中退者,中卒者の雇用状況は極めて悪くなりました。
 
もちろん,そもそも,国全体の経済政策を考えても,「労働者の教育水準を上げて付加価値の高い分野にシフトしていく」しかないのです。しかし,その根底が崩れています。危ない状況である,と実感しています。
 
住宅と教育は最低限保障する,というシステムをつくらないと,こどもがどんどん,十分な教育を受けられない状態になり,そのこどもが,こどもを持つ年齢になる,ということが急速に進んでいくでしょう。本当は,高度成長から安定成長に移った段階で,路線転換すべきだったのです。
 
とにかく、社会システム転換の遅れは、子どもにとくにしわ寄せが行きます。大人の義務というものを考えないといけません。

残念ながらまだまだ高度成長時代の開発独裁モデルにこだわっている方が政治家でも少なくないのは残念です。

それでも、埼玉県が本格的にこの分野で、教育費支援に本腰を入れ始めた、ということで、光明も見えています。


http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100731/trd1007311342007-n1.htm(「貧困連鎖」絶て!生活保護家庭の教育支援 埼玉県が全国初)
>生活保護受給世帯で育った子供が成人後、再び生活保護を受けるなど「貧困の連鎖」が問題化していることを受け、埼玉県は都道府県として初めて、県内の生活保護世帯の全中学3年生を対象に、教育支援事業を実施する。予算額は約1億1千万円。県議会の議決が得られれば、9月からスタートする。
>県は、中学卒業後の進路が、貧困の連鎖の一因になっていると分析。新事業では、教員OBなど約20人の教育支援員を県内市町村の福祉事務所に派遣し、県内の生活保護世帯の中学3年生約800人を対象に教育訪問を行い、養育相談を受け付ける。
>県の担当者は「時間はかかっても、貧困の連鎖を断つためには結局、教育しかないと考えている。地道に取り組んでいきたい」と話している。
>関西国際大の道中隆教授(社会保障論)の話「埼玉県の取り組みは全国でも例がなく画期的だ。貧困の固定化と世代間連鎖は、わが国が直面する非常に大きな課題だが、まだ十分に注目されていない。格差を生み出すのが教育なら、格差を埋めるのも教育ということを忘れてはならない。教育への公共財の投入を増やし、高校の義務教育化も考える時期にきている。奨学金制度の充実も必要だ」


広島県でもきちんと取り組ませるのがわたくし・さとうしゅういちの今後の役目になります。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




古い社会システムのしわ寄せは子どもに_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
古い社会システムのしわ寄せは子どもに_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
古い社会システムのしわ寄せは子どもに_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/13035884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-08-02 17:42 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback