人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

総理、「比例定数削減」強硬発言で炎上中

菅直人総理が、記者会見を開いてまで、国会議員の定数削減について、年内に与野党合意を、と催促したことに対して、マスコミや野党から幅広く反発が出ています。

それらの多くが残念ながら、理にかなっている、とわたくし・さとうしゅういちも認めざるを得ません。

代表例として、信濃毎日新聞の記事を挙げます。





国会議員定数削減 その前にやることが (信濃毎日新聞)
http://www.shinmai.co.jp/news/20100804/KT100803ETI090003000022.htm

 
民主党は先の参院選で、衆院の比例定数を80、参院定数を40程度減らす公約を掲げていた。比例定数を減らしたら選挙制度は大政党にますます有利になる。「死に票」が増え、多様な民意を国政に反映させるのも難しくなるだろう。


全く異論はありませんね。


 
会見で首相は、行政経費の無駄削減と並べて「国会議員自身が身を切ることも必要だ」と述べていた。問題の一つはここにある。

 国会は国民主権が体現される場である。在り方を見直すときは、どういう仕組みにしたら民意がより正確に反映されるかがポイントになる。行政改革と同列に論じるのは間違いだ。

 そもそも有権者数に比べた議員の数は、日本はほかの先進国に比べむしろ少ない方である。国会議員が身を切るやり方は、歳費のカット、政党交付金の返上など、ほかにいくらでもある。

 仮に議員削減を考える場合には、前提として論ずべきことがある。望ましい議員の数、選挙制度の在り方、衆参両院の機能と役割分担-などだ。


行政改革と国会議員の定数削減を同列に並べている総理の理屈を正面からバッサリ切っています。


 
こうした問題に目を向けず、各党が削減幅を競うようでは、国民をしらけさせるだけだ。「安易な人気取り」との批判を招き寄せるだろう。

 国会の在り方について、いま緊急にやらなければならないことははっきりしている。第一は、議員一人一人の能力を高めて国会審議を充実させることだ。各党の地道な努力が問われる。

 そして第二は「1票の格差」の是正である。7月の参院選について、選挙無効を求める訴訟が早くも東京高裁に提起された。「百年河清をまつ」がごとき国会のスローな対応に、裁判所が向ける目は厳しくなっている。

 国会が格差是正をいつまでも先送りしていると、選挙無効の最高裁判決が下される日が、いつかやって来るだろう。


全くそのとおりです。

自民党からも「暴論」という批判が出ています。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010080300917

議員削減「首相提案は暴論」=自民・川崎氏
 自民党の川崎二郎国対委員長は3日午後、国会内で開かれた自民、公明両党の国対関係者の会合で、菅直人首相が衆参両院の議員定数削減に言及したことについて「選挙制度は各党間で協議するのが大事だ。与党にとって有利な比例を減らすルールを首相が提案して『今年の暮れまでにまとめろ』と言うのは、暴論としか言いようがない」と批判した。
 また、鈴木政二参院議院運営委員長は会合で「参院は(1票の格差の)違憲問題があり、待ったなしで選挙制度改革をしないといけない。一番大きな課題としてやりたい」と語った。共産党の志位和夫委員長は3日夜の講演で「衆院の比例定数削減反対で一致するすべての政党に共闘を呼び掛けたい」と訴えた。(2010/08/03-21:00)


社民党や共産党ではありませんよ。自民党からも「暴論」と言われてしまっているのですよ。

自民党のほうが、マシに見えかねない。あるいは、国会議員の定数削減幅は大きいが、比例区中心の選挙制度を主張するみんなの党のほうがマシに見えかねない。

そんな状態を作り出す総理は、ご乱心としか表現のしようがありません。

小沢前幹事長、鳩山前総理ももちろん、小選挙区制論者です。
菅直人さんは、それを引き継いだだけともいえる。その意味では、危うさがある。というより、選挙制度では、民主党は一番、イギリス型に固執している。だが、そのイギリスでも、小選挙区制は、見直しの方向に進んでいます。

まあ、最優先課題はやはり景気、雇用でしょう。1993年に政治改革=小選挙区制導入にばかり力を注ぎ込み、景気対策を遅らせた愚を繰り返してはなりません。

その上で、次期参院選に間に合うように、参議院の定数是正を考えるべきでしょう。

「今」大急ぎで衆院の定数削減、それも大義なき比例定数削減を強行する事に、心血を注ぐのには、何の意義も感じません。

日本の民主主義と日本経済に打撃を与えるだけです。



関連記事


「国民の生活」より「比例区削減」が第一ですか?総理のご乱心
http://www.janjanblog.com/archives/10947

小選挙区制と二大政党制への批判集会(林田力記者)
http://www.janjanblog.com/archives/10930

「反省しろよ、民主党」・・・生存ユニオン広島、参院選の結果受け、申し入れ
http://www.janjanblog.com/archives/10812

「国会議員定数削減」で人気挽回を図る菅首相には呆れる(きまぐれな日々)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1097.html


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




総理、「比例定数削減」強硬発言で炎上中_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
総理、「比例定数削減」強硬発言で炎上中_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
総理、「比例定数削減」強硬発言で炎上中_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/13045095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-08-04 17:41 | 選挙制度・政治改革 | Trackback