人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

若者の性と健康

若者の性と健康_e0094315_13164971.jpg


函館で開催されている全国フェミニスト議員連盟の夏合宿の分科会「No!といってもいいよね、対等な関係を築くために〜若者の性と健康」に参加しました。

産婦人科医の小葉松洋子さんは、湯の川女性クリニック院長で、函館性と薬物を考える会会長。

函館地域での性教育の取り組みを報告しました。田舎でも都会と若者の性行動はかわらず、むしろ、妊娠中絶や性感染症は全国と比べても比率は多いのです。そのことを知ってショックを受けた小児科医の教育委員が動いたそうです。

小葉松さんたちは、以下のような性教育を考えているそうです。

性は生、生命に直接つながっていることを伝える。
健康で人生を楽しむためには必要不可欠なものとしての性教育。
親も一緒に勉強して欲しい性教育。

そして、性教育を実施する上での学校側の負担を減らす工夫もしています。
専用の申し込み用紙でFAXするだけで済むようにしています。

最近では、家庭に恵まれていない子どもたちを気にかけているそうです。家庭教育はもちろん、大事ですが、一方で、どんな家庭の子も、それなりの大人になって欲しい。これが、公教育の意義だ、と小葉松さんは、強調します。

性に関しては、以下の事を子供たちに伝えたいそうです。

男女の違い、二次性徴について、性交渉によって起こること、自慰(性欲をコントロールするのに自慰は悪い事はない)、避妊について(とくに緊急避妊)、性感染症の予防、子宮頸がんの予防ワクチンについて、などです。

そして、何より自分にとって性とは何かを各々が考えて欲しい、ということです。




最近、気になるのは、女子生徒、それも真面目で地味なような女子生徒が焦って、安易に声をかけてきた男子と性交渉をしてしまう、ということです。

また、最近の若いカップルは長続きしない。そして、「どうすれば、相手の気持ちがわかるのですか?」という質問も多いのです。携帯の影響もあって「流れ」で、性交渉をしてしまう。

そうした中で、症状が出ない性感染症、喉の性感染症が増えているそうです。

自分が望まない性交渉をNOと言える力が必要だ、といいます。

なお、最近では、人工妊娠中絶がピーク時の3分の1になっています。ただ、これは、一生性とかかわらない人が多いせいもあるかも知れません。

中学や高校の養護教諭をしている白取ひろみさんは、「まじめ、目立たない」が、次々と人工妊娠中絶をしていることにショックを受け、性教育に駆り立てられたそうです。

学校くるみで行うため、どの教科でいつ何をやるかを年間計画を立てていました。

ただ、知識があっても使えない。相手と対等な関係づくりが出来なければ生かせないことに気付きました。

そこで、アサーショントレーニングを始めました。「さわやかな自己表現」「自分もOK、相手もOK」ということです。

渡島総合振興局のDVの相談員をしている佐々木真実さんからも報告がありました。

佐々木さんは、2001年からDVシェルターに取り組んでいます。

そして、被害者の中には、結婚する前、交際時から暴力がつづいていた場合が多いようです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




若者の性と健康_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
若者の性と健康_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
若者の性と健康_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/13057756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2010-08-07 15:34
タイトル : 女性の起業・・・分科会
若者の性と健康 全国フェミニスト議員連盟の夏合宿。二個目の分科会は、「女性の起業」。 阪口あき子さんは、二十歳で、社長になろう、と決意しまたということです。 「物事の全体を見渡してコーディネートする」のがあっているという阪口さん。 ただし、最初は何を起業するのが良いのかわからなかったので、求人情報のベンチャーに入ったそうです。... more
by hiroseto2004 | 2010-08-07 13:16 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback(1)