人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界はしばらくお札刷り競争へ

ついに、日本政府も重い腰を上げ始めました。

15日、進む円高に対して為替介入を断行しました。
アメリカが積極財政+金融緩和。
欧州が緊縮財政+ユーロ安放置=輸出依存での景気回復
韓国がウォン安(対円)を利用しての景気好調
中国は慎重に自国通貨高受け入れ
という状態です。

日本ひとりがこのままだと、「緊縮財政+円高放置」で、デフレに沈みかねなかったのです。





しばらくは、世界はお札刷り競争になります。

特にアメリカの中間選挙が終わるまでは、その傾向は続く。下手をすると、フランスの大統領選挙や、アメリカ大統領選挙がある2012年くらいまでは事実上、お札を刷ることによりデフレを脱しようという動きになるでしょう。

世界中がお札を刷る競争に入る。

しばらくして、外交交渉により、次の枠組みが見えてくるのでしょう。

日本はとにかく、対米輸出、そしてドルに依存しすぎた。「ドルに依存しすぎた一部大手製造業」を救うために、いろいろ手を尽くしてきた。労働者を使い捨てしやすくしたり、租税特別措置や補助金で優遇したり。

しかし、根っこにある「ドル依存」をなんとかしないと、結局、庶民から大手企業に所得を移転するだけの不毛な状態になってしまいます。

あとは中国やインドに経済大国として一定の責任を果たしていただくことです。

中国は日本国債を買えるが日本は中国国債を買えない。これはまずい。お互いに持てるようになれば、安全保障にもプラスです。

しばらくは、日本もお札刷り競争に参加しないと、一方的にやられてしまう。一方で、円高のメリットを生かして資源を確保するチャンスです(ロシアや中国との協力により)。

将来的には、アメリカの国際経済における相対的な存在感は低下する。

中国やロシア、インドなどに一定の役割を果たしていただく方向にならざるをえない。

そうしたとき、果たして、じゃあ普天間の海兵隊をはじめ、アメリカ軍が今みたいほど、日本にいるかといえば、リアリティはない、と思います。

今回、アメリカの意向に多少逆らっても日本が為替介入を行うことは、自立の一歩になるのでしょう。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/13233207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-09-15 20:02 | 経済・財政・金融 | Trackback