人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

バカ正直に「器でない」と告白してしまっていた柳田法相

柳田法務大臣、おごれるものはひさしからずですよ。

柳田法相に対しては、来週22日に野党から不信任決議案、問責決議案が、提出される予定です。

そうしたなか、柳田法相の発言の全貌が後述するように、明らかになりました。

軽口を叩いたつもりでしょうが、露骨にここまで「自分は適任でない」という人を任命したことについては、総理にもまた重い責任があります。

そもそも、柳田さんは、7月の参院選広島選挙区において、議員歴18年の大ベテランであり、連合広島の全面的な支援も得ているのにもかかわらず、大苦戦された方です。


http://www.janjanblog.com/archives/8907

政治的資質は、ある程度、支援組織に属する人は別として広島県民は見抜いて投票行動をしているのではないか?総理はにもかかわらず、柳田さんを法務大臣にしてしまったのです。

総理、早く「泣いて馬謖を斬る」べきです。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101118-OYT1T00325.htm
法相?えーっ何で俺が…柳田法相の発言要旨

 民主党
 柳田法相が14日に広島市で開かれた法相就任を祝う会合での発言要旨は次の通り。


 「9月17日(の内閣改造の際)新幹線の中に電話があって、『おい、やれ』と。何をやるんですかといったら、法相といって、『えーっ』ていったんですが、何で俺がと。皆さんも、『何で柳田さんが法相』と理解に苦しんでいるんじゃないかと思うが、一番理解できなかったのは私です。私は、この20年近い間、実は法務関係は1回も触れたことはない。触れたことがない私が法相なので多くのみなさんから激励と心配をいただいた」

 「法相とはいいですね。二つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』と。これはいい文句ですよ。これを使う。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。これで、だいぶ切り抜けて参りましたけど、実際の問題なんですよ。しゃべれない。『法と証拠に基づいて、適切にやっております』。この二つなんですよ。まあ、何回使ったことか。使うたびに、野党からは責められ。政治家としての答えじゃないとさんざん怒られている。ただ、法相が法を犯してしゃべることはできないという当たり前の話。法を守って私は答弁している」

(2010年11月18日10時43分  読売新聞)


ただ、仙谷官房長官に対して「暴力装置」発言がけしからん、と噛み付く自民党も自民党です。

こんなことでは、「反省しろよ、民主党。だけどやっぱり民主党」と言わざるを得ませんね。
Tracked from 早乙女乱子とSPIRIT.. at 2010-11-21 01:28
タイトル : 武器輸出三原則緩和に反対
ˡμʹΰ̤ˤ碌Ƥ롣 ϤʤΤ�лΤȡ äȿʹζäĴ٤ȡ ̱ҹɸˡΤ˲ ĴǤϴĶǤƳƤ ͢매θƤ ϫѰǼΩٱˡơʼӥ̤ǤϤʤͤλʧǽϤ˹碌ƥӥ⤬ޤ̲ Ѥ䤷Ȥˤˡǹ Ȥ롣 νޥ˥եȤˤ⤢äعν赡ؤѻߡ٤ǽĴä ޤޥߤ⡢ΤۤܤĴ١䤦٤ǤϤޤ Ȥꡢ˴٤ ͼȤϴĶƳȸѤ䤹Ȥˤǹϻ͢매ȿСɸˡȼΩٱˡϡαʡȤ褯狼ʤ ͢л§Ȥ...... more
by hiroseto2004 | 2010-11-19 12:15 | 政治一般 | Trackback(1)