人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

三島由紀夫自決40年

40年前の今日、三島由紀夫が、自衛隊敷地内で、割腹自殺しました。

(三島由紀夫を敬う人たちは「憂国忌」と呼びます。)

わたしは、当時はもちろん、生まれていませんから直接事件を知ってはいません。

ただ、あの時は、日本が上り坂だった時代です。

三島由紀夫がいくら、呼びかけたとしても、決起する人はいなかったでしょう。

しかし、あれから40年。

もし、三島由紀夫みたいな感じの人が、同じ行動をしたら、それなりの規模の反乱に発展する可能性はあると思います。

政治への不信がこれだけ高まり、人々の暮らしも厳しい。そういう中で、三島由紀夫がもし、あのときの年齢のまま生きて今にいれば、呼応する人も2.26事件ほどではないにせよ、出るかもしれない。

そのように考えると背筋が寒くなります。

三島由紀夫は、当時はあまり世間から相手にされなかったが、今なら「それなりにウケる」可能性はある。

ただ、今のウルトラ右派政治家をみても、三島由紀夫ほどの人物はいない。自分が可愛いだけで既得権益にしがみつくだけの人ばかりでは、「大丈夫」といえるのかもしれませんが。

右翼団体が派遣村とかやったらウケるかもしれないが、そういう団体は寡聞にして知りませんし。
インターネットの右派の方々も所詮はただの反中、反韓にすぎず、困った時に頼りにならないので、リアルな政治勢力にはなりにくいかもしれません。

むしろ、問題は、橋下知事とか、河村市長などが、人々の不満を背景に、今後もむちゃくちゃにかき回すことかもしれませんが。

雨宮処凛さんの日記より 一家五人車上生活
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/13699082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-11-25 12:56 | 事故・災害・事件 | Trackback