人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

県庁にて広島県議会議員選挙立候補への決意表明の記者会見

広島県議会議員選挙(2011年4月10日執行予定)に向けての基本的な考え方

お世話になります。

御心配、御激励ありがとうございます。

2月1日、15時県庁の県政記者クラブにおいて、記者会見を開催させていただきました。

わたくし、さとうしゅういちが、4月1日告示、4月10日執行の広島県議会議員選挙における被選挙権行使を決意したことを県民の皆様にご報告いたしました。

わたくし、さとうしゅういちの自己紹介、また、無所属政党推薦なしで立候補を決意させていただいた経緯をご報告いたしました。

わたくし、さとうしゅういち、『政争より県民の生活が第一』でがんばってまいります。

わたくし、さとうしゅういち、4年近く民主党に所属させていただきました。『国民の生活が第一』のスローガンに共鳴させていただいたからです。特に広島県北部勤務時代、疲弊する地方の実態に行政職員として直面。また非正規労働者の裁判闘争や争議などを支援させていただく活動、生活困窮者の支援活動、瀬戸内海の環境問題などに取り組む中で感じてきたわたくしさとうしゅういちの思いに『国民の生活が第一』はマッチしていたと回顧できます。

しかし、1月24日、民主党を離党。さらに、1月31日付けで広島県庁を退職し、無所属、政党推薦なし、護憲派として、被選挙権を行使させていただくことを決意いたしました。

それはなぜか?

政権交代で『国民の生活が第一』になるとおもいきや、民主党はどんどんわたしの入党当初の想いからかけ離れ、不毛な政争に明け暮れる与党民主党幹部の皆様。そして、中央政界。

中央政府がやらないなら地方自治体が『県民の生活が第一』で頑張らねばなりません。

わたくしさとうしゅういちは、無党派、新人だからこそ過去のしがらみに囚われずてものが言えます。

大きな組織では見逃してしまいがちな問題をこれまでの市民運動経験、行政経験を活かしながら、取り上げます。

介護をする家族の皆さんへの支援、非正規労働者の待遇改善、子どもの貧困問題、性暴力対策に力を入れます。

無所属だからこそ、また党派の枠を超えて『県民の生活が第一』でがんばれます。政策テーマごとに党派の枠を超えて協力し、実現します。

自然エネルギー革命を広島から進めます。民主党がマニフェストを後退させ、国レベルではなかなか進まない自然エネルギー革命。広島だけは世界から取り残されないよう、産業革新機構の総力を自然エネルギー革命に投入し、地域経済を活性化するとともに、環境を守ります。

以上のように、わたくし、さとうしゅういち、民主党所属時代、十分果たせなかった『生活が第一』をお世話になった広島県政で実現する為、無所属・護憲派(権力に憲法を遵守させる意味)立場で、で総力をあげてがんばります。

当面は、2月5日土曜日に安佐南区民文化センターで開催させていただきます『さとうしゅういちとご一緒に広島県を考える会』にご参加いただき、わたくしにご意見をお聞かせくださいませ。

また、事務所や印刷物などの準備を進めます。政党の組織的支援活動には頼らず、おひとりおひとりの県民の方のカンパとボランティアで活動を進めて参ります。

どうか、御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

さとうしゅういち拝

さとうしゅういちとご一緒に広島県を考える会

ところ 広島市安佐南区民文化センター中会議室

とき 2011年2月5日(土)17時半開場
18時開始

主催:広島瀬戸内新聞 共催:生存ユニオン広島、クオータ制の
実現をめざす会ふくやま

広島瀬戸内新聞社主:
さとうしゅういちからのごあいさつ

県民の皆様からのおはなし(ざっくばらんな広島県へのご意見
をお願いします)

意見交流

19:45めどに終了
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14101426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-02-01 18:25 | 広島県議会議員選挙 | Trackback