人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

医師の労働条件改善を!松江市議きたにまいさんより

松江市議きたにまいさんのブログより。

医師の労働環境を改善しよう、そうしないと医療崩壊は止まらない、というご意見です。

その通りです。一時期、メディアも住民も医師を本当に叩き過ぎました。

当時、わたしも若造ながらも、こんなことで、大丈夫かな、と思っていたら大丈夫ではありませんでした。

女性医師の労働環境改善を

島根県は医療崩壊の最先端

医療崩壊の最先端では
労働環境を整えなくてはなりません

倒れる寸前に皆辞めていくからです
1人が辞めれば5人のチームは疲弊し
二人目が辞めればみんなが辞める

診療科がなくなる・・・というのが
お決まりのパターンです

前にブログに書いた安部先生
女性医師として活躍するのは
それはそれは、今の世の中大変なのです

「過去の男性と同じに働け」
と、管理職は思うものですが
「それが医療崩壊を促進した」
事実もあります
それならば、考えるべきは違う道


労働環境を整えるのは甘え?いいえ、女性医師が働き易くできるように
労働環境を整えなくては、
島根県の医療の未来、
ひいては日本の医療の未来はありません

島根大学医学部の入学者は、女性が半分を占めます

年配の男性医師も、女性医師のことを
子育ての社会の必要性を、
ぜひぜひ考えてください

子育ては子どもとの絆作り江戸時代には「子育て、子どもの教育は当然父親の役目である」
というのが教えの常識でした

この伝統がどう変遷したのでしょうか
(企業戦士を作る、という方針のもと、
教育は切り捨てられました)

男性が子育てするにはどうすればよいのでしょうか

子育てをになう女性のことを考えてください
女性が働き易くするのは
何のために必要なのか
持続可能な医療は、誰のために必要なのか
それが誰の労働環境をもよくするのか
それがどう社会に還元されるのか
女性が苦労して勝ち取ったもの、それは
男性に、とても大きなものをもたらすはず

・・・・・そろそろ目を覚まして
医療の環境改善に取り組まなくてはいけません

リーダーは子育て医師に慣れなくてはなりません
そうでないと、
医師になれば、家庭の幸せは放棄、ということになるでしょう
そんな職業が選択され続けますか?
しかも住民やメディアが「完璧」を求める職業に
バッシングしてどうなるのか


mastery for service

深く強く身を投げ出す
しかも高度な研究を続けながら

確かに我々の生活は、そのような人々の献身によって
支え続けられてきたのです
医療に限らず・・・

皆様、ありがとうございます

明日をいい日にしないといけません
それが私たち次につなげる大人の役目

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14140444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-02-06 08:08 | 介護・福祉・医療 | Trackback