人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

坂田光永さんのブログでご紹介頂きました さとうしゅういちの活動

安佐南区民文化センターで、さとうしゅういちとご一緒に広島県を考える会開催

昨日開催させていただきました『さとうしゅういちと一緒に広島県を考える会』。

福山市の坂田光永さんにご紹介頂きました。ありがとうございました。

http://blog.livedoor.jp/sakatakouei/archives/51179244.html

双方向を重視した佐藤周一さんの挑戦
 いよいよ4月の統一地方選挙に向けて立候補予定者が動き出しました。

 広島県議選挙は4月10日(日)投開票。議会はもっぱら自民党系県議がいくつもの会派を作って内ゲバの様相を呈する一方、政策通の湯崎英彦知事と対等に渡り合える知能派議員の活躍はあまり見えてきません。

 そこへ、県庁職員であり市民ジャーナリストでもあった佐藤周一さんが、広島・安佐南区選挙区からの立候補を表明しています。30代の佐藤さんは、東大出身の政策通というだけでなく、「生存ユニオン広島」というインディーズ系労組の主宰者であり、男女平等やホームレス支援の現場で活動してきた実績もあります。以前は民主党に所属してきましたが、現在の民主党政権が「原点からそれている」という思いから、無所属での立候補を予定しています。

 そこで、昨日おこなわれた佐藤さんの集会に、私も参加してきました。

 集会では、佐藤さんからの決意表明のあと、参加者がかわるがわる自分の体験や主張を発表。佐藤さんはそれを自身の政策へ反映させると約束しました。またキャッチフレーズもその場で公募し、「さとうをこきつかえ!」「一人も見捨てない広島県」「県民の生活が第一」など多彩な意見を出し合いました。

 一方通行の主張ではなく、双方向のやりとりを重視した佐藤さんの挑戦は、「えらい人だけでつくる広島県から、みんなでつくる広島県へ」という信念と合致しています。一方で、どれだけ安佐南区の有権者に浸透するかが今後の課題といえます。

 佐藤さんのこれからの闘いぶりに、要注目です!

*佐藤周一さんブログ
 http://hiroseto.exblog.jp/

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14144044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-02-06 16:57 | 広島県議会議員選挙 | Trackback