人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

多くのことを訴えようとして失敗した梶川議員の一般質問

わたくし、さとうしゅういちは、2月16日、広島県議会定例会・本会議を傍聴させていただきました。

【今日のさとうしゅういち】広島県議会二月定例会本会議を傍聴しました【政争より県民の生活が第一。】

以下が、わたしが傍聴させていただいた下森宏昭議員(自民党刷新会議・三次市)と、梶川ゆきこ議員(民主党・安佐南区)の質問です。

http://www.chuukei.pref.hiroshima.lg.jp/rokuga/201102/20110216pm.asx

1:41:00あたりから、梶川議員の「発達障害と生活保護の相関関係」について、質問が出ています。

これに対して、「梶川議員は、障害年金のことをご存じないのではないか?」という疑問の声もわたしのほうには、寄せられています。

梶川議員は、生活保護者の中に発達障がい者が多く居て、自立ができない状態だから、自立させろ、という趣旨で質問されたのでしょう。

しかし、そもそも、一定以上の障がい者と認定されれば、障害年金の対象となります。

また、更にいえば、県内の大規模企業(自治体も含む)に対して、発達障がい、知的障がい、精神障がい者の雇用をもっと進めさせる。具体的には、上記の三つについては、雇用率の算定に当たっては実数の二倍とする一方、視聴覚障害をのぞく身体障がい者については、半分とする、くらいの施策をとるなどすべきではないか、と思います。自立自立と言っても職を保障しなければそれはおぼつきません。

梶川議員が、短い質問時間で、多くのことを訴えようとされたたために、却って、当事者を傷つけかねない質問になってしまったことは残念です。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




多くのことを訴えようとして失敗した梶川議員の一般質問_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14255980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-02-17 21:31 | 広島県政(広島県議会) | Trackback