人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

県民の皆様からの要望 燃料高騰と社会保障の保険料主義破たんについて

「あ、さとうしゅういちだ!」と声をかけられる

県民のみなさまから、今日もご要望をいただきました。

ひとつは、燃料価格の高騰問題。

今日10日は冷え込みました。このため、燃料店に灯油を買う列ができました。しかも、灯油価格が高騰しており、燃料店に走った人たちは「二重にやられた」という感じでした。

「給料が下がっているのに、灯油の値段が上がってやれんわい。」という声、いただきました。

そうですね。日本自体は不況でGDPが縮小している。そこに燃料価格高騰ですから大変です。

短期的には
1.低所得者層や漁業など打撃が多い分野への対応
ですが、
中期的には
2.国民の可処分所得を増やす。
3.燃料価格の安定を図る。
長期的には
4.投機資金の規制。
5.石油以外の環境にやさしいエネルギーの推進
があげられます。

県政でできるとすれば
1.と5がある程度できるでしょう。
2,3,4については、県議会として国に対して早急に対応するよう、決議を行う、というところでしょう。

また、国民年金の形骸化についても指摘をいただきました。

「年金保険料を払っても損だ。生活保護を受けたほうが得じゃないか?」というお話をされる県民の方もおられます。

さとうしゅういちは、以下のように考えます。

根本的には、社会保障を、逆進性の強い保険料で賄っている日本のやり方が破たんしているということです。さらに、社会保障の企業主義です。

とくに、それにより、企業の正社員や公務員とそうでない人のセーフティネット格差がひどいことでしょう。

最終的には
ベーシックインカム+家賃補助+教育・医療無償化
という感じの「改革の最終形」をイメージしたほうがいい。

年金や介護などを小手先でいじるよりも、ベーシックインカム+家賃補助+教育・医療無償化という
方向のほうが、かえって政治的にも合意を得やすいと思います。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




県民の皆様からの要望 燃料高騰と社会保障の保険料主義破たんについて_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
by hiroseto2004 | 2011-03-10 22:59 | 広島県議会議員選挙 | Trackback