人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

設計時に想定していない深刻な事態【福島第一原発】

福島原発事故で原子力資料情報室が記者会見

原子力資料情報室の記者会見が進んでいます。

東日本大震災で爆発した福島第一原発。

政府が「海水で格納器を満たす」ことについては「溶融物が炉心にあれば水蒸気爆発のリスクがある。」

しかし、一方で「今は、この措置がいいとか悪いとか言える段階ではない。」そうです。

「現在の事態は、設計の条件としてそもそも想定していない事態」(設計に携わった後藤さん)ということです。

「放射能を閉じ込める容器の格納器弁を開放するという究極の選択」を強いられているわけです。

要は、きわめて深刻な事態、ということです。

「僕ら設計者から見ると格納容器の圧力上がるというのは大変な異常事態。設計の倍になったというのは異常。これが一番大事なこと。もっと正直にどうして格納容器の圧力が上がっていったか正直に話すべきだ」というところに尽きる。このようにわたしも考えました。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!




設計時に想定していない深刻な事態【福島第一原発】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

by hiroseto2004 | 2011-03-12 21:07 | 事故・災害・事件 | Trackback