人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

再生可能エネルギーが原子力上回る

世界では2010年に再生可能エネルギーが原子力を上回ったそうです。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041601000185.html


再生エネが10年に原発を逆転 福島事故で差は拡大へ
2011年4月16日 11時59分

 中国遼寧省の営口市に並ぶ風力発電施設=2010年1月(ロイター=共同)


 【ワシントン共同】2010年の世界の発電容量は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーが原発を初めて逆転したとする世界の原子力産業に関する報告書を、米シンクタンク「ワールドウオッチ研究所」が15日までにまとめた。

 原発は、安全規制が厳しくなったことや建設費用の増加で1980年代後半から伸び悩み、2010年の発電容量は3億7500万キロワット。一方、再生可能エネルギーは地球温暖化対策で注目されて急激に増加し、風力と太陽、バイオマス、小規模水力の合計は3億8100万キロワットになり、初めて原発を上回った。

 報告書は、福島第1原発事故の影響で廃炉になる原発が多くなり、新設も大幅には増えず、再生可能エネルギーとの差はさらに開くとみている。

 報告書によると4月1日現在、世界で運転中の原発は30カ国で437基。運転開始から平均で26年が経過し、このうち145基は、2020年までに運転開始から40年を迎える。福島第1原発事故の影響で、40年を超えて運転する原発は限定的になるとみられるという。

 建設中は14カ国で64基。中国などで今後、新たに建設される分を見込んでも、世界の原発の総数は減少するという。

 報告をまとめたマイクル・シュナイダー氏は「原子力ルネサンスで原発が増えると思っていたら、それは間違い。40年を超える運転を認めても、いずれ数は減ることになる」と指摘している。

 世界の総発電量は、石炭、天然ガス、石油などの火力発電が半分以上を占め、原発は13%程度。


http://www.worldwatch.org/

再生可能エネルギーへのチェンジは歴史の必然です。

広島県はこの流れに乗り遅れてはいけません。

さとうしゅういちは、広島県議会議員選挙で掲げた「環境・自然エネルギーの活用で地産地消を」を在野において、進めてまいります。

広島県が日本国をリードし、遅れている日本国のエネルギー革命を引っ張るべきです。

さとうしゅういちは、環境・自然エネルギー革命を広島から進める先頭に立ちます。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14621441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-04-17 12:43 | エネルギー政策 | Trackback