人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

城南信金が、脱原発へ優遇預金・ローン

城南信金が「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて、新しい金融商品を五月から発売されます。

城南信金は、わたしがかつて小学生時代を過ごした世田谷区も地盤とする信用金庫。

いわば、故郷の金融機関がこのような取り組みをされていることに、少々ですが、誇りを感じています。

さらにいえば、被爆地広島の金融機関から城南信金のような動きがでてほしい、と考えます。

関連記事
チェルノブイリ事故25周年、「脱原発」を中国電力などに訴えデモ
http://www.janjanblog.com/archives/37633


http://www.jsbank.co.jp/topic/PowerSaving.htm


 
「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて

 
―お客様の節電を応援する新商品・サービスの実施について―

 
 
 今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故により、東京電力管内においては、需要の旺盛な夏場に電力が不足することが懸念されております。
 こうした中で、当金庫では、「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて、自ら省電力、省エネルギー化に取組むとともに、地域のお客様の節電をご支援するため、以下の新商品・サービスを実施致します。
 当金庫としては、今後とも、金融を通じて、地域のお客様の省電力、省エネルギー化を積極的に支援、推進してまいります。


 
       商品名(サービス名)          内      容
1.「節電プレミアム預金」
  (100万円まで1年間1%)省電力のために10万円以上の設備投資を行った個人の方を対象に、1年もの定期預金の金利を年1%とする預金(一世帯につき100万円まで) 
2.「節電プレミアムローン」
  (当初1年間ゼロ金利!)省電力のために設備投資を行う個人の方がお借入れいただく際の金利を当初1年間、無利息(2年目以降1.00%)とする融資(金額は50万円以上300万円以内、期間は3年以上8年以内)
3.節電応援
 「信ちゃんの福袋サービス」自宅の「電気使用量」を前年同月比30%以上削減した個人の方に、節約した電気代を貯蓄していただくことを奨励する「信ちゃん貯金箱」と「福袋」を進呈するサービス(対象期間は4~9月分、チャンスは6回) 
 受付開始日:平成23年5月2日(月)



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




城南信金が、脱原発へ優遇預金・ローン_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)

mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。



城南信金が、脱原発へ優遇預金・ローン_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
城南信金が、脱原発へ優遇預金・ローン_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/14687941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-04-29 09:51 | エネルギー政策 | Trackback