人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

自民党(原発推進&ネオコン)に政権を渡してはいけない

小沢秘書、論告求刑+自民党はやっぱ、アブナイ!~集団的自衛権や非核3原則の見直しを公表


mewが、6年前、小泉政権の時にこのブログを立ち上げて、
このまま自民党政権が続くと、「日本がアブナイ!」と叫んで来た
理由は、まさにここにある。(**)

 05~9年まで、ともかく政権交代を実現して、自民党から政権
を奪わないとトンデモないことになると・・・。
 また民主党に政権が移った09年以降は、ともかく鳩山&小沢、
菅政権を維持して、自民党+前原&野田Gに政権をとらせては
ならないと訴え続けて来たのも、このためなのだ。(-"-)

 mewは、決してアンチ自民党なわけではないのだが。
 ただ「平和で平穏な生活が一番!」の信条に基づき、政党を
問わず、アンチ超保守or保守タカ派(&アンチ新自由主義)で
あって。<だから民主党の前原・野田Gもイヤなのだ。>
 今の自民党は、完全にその保守タカ派勢力が中心になって
いる以上、彼らに政権を委ねるわけには行かないと考えて
いるのである。(`´)


さとうしゅういちも似た思いです。

今、自民党に政権を渡してはいけない。

この部分は譲れません。

思い出してください。

なんだかんだ言って、自民党は最後には機能不全になっていたんです。一部の特権階級だけの既得権益集団となっていた。

そして、今も自民党はそのことへの反省がない。性懲りもなく、原子力関連産業、軍需関連産業の利益を露骨に追求するようなビジョンを出している訳です。

そして、さらに問題はこのどさくさにまぎれて「原発推進&ネオコン」の若手民主党議員。長島昭久さん、吉良州司さんなどです。

小沢派は、長島の「菅おろし」に関与せず+なでしこパワーで菅が震災対策に意欲

こうした動きに、小沢派がのらないのは、賢い。もし小沢さんが「原発推進&ネオコン」勢力の策動に乗るならこれは命脈はつきる、と踏んではいましたが、そこはさすがにうまく立ち回った。そして、結果としてよかったと思います。

mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




自民党(原発推進&ネオコン)に政権を渡してはいけない_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



自民党(原発推進&ネオコン)に政権を渡してはいけない_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
自民党(原発推進&ネオコン)に政権を渡してはいけない_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15155018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日本がアブナイ! at 2011-07-26 05:52
タイトル : 小沢派は、長島の「菅おろし」に関与せず+なでしこパワーで..
  これは今日2本めの記事です。 頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。m(__)m 最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。 日本中、まだまだ「なでしこJAPANフィーバー」の余韻に 浸って...... more
by hiroseto2004 | 2011-07-22 06:37 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)