人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

再生可能エネルギー特別措置法案、問題は実施のための政省令

再生可能エネルギー特別措置法案。

どんな法律でも、成立すれば、今度は、それを具体的に実施するのは政省令です。

ここをきちんとチェックしましょう!

http://diamond.jp/articles/-/13231


再生可能エネルギー特別措置法案に望む
「3・11後」を踏まえた内容の手直し






再生可能エネルギー特別措置法案が、7月14日に衆議院本会議で審議入りした。菅直人首相が首をかけ、推進派、反対派それぞれから問題が指摘されている「一丁目一番地」の法案だが、自然エネルギー政策を先へ進めるためにはそ成立を最優先するべきだ。政策の大枠を定める「枠組み法」が成立すれば、その先の制度設計――つまり、後で定める「政省令の規定」こそがポイントとなる。その主要な注意点をここに提言する。

自然エネルギー普及と公平性を重視して
法案名称どおり「余剰」を「全量」にすべき

 いま最も重視すべきは、自然エネルギーの普及である。

 現在の法案の内容では、その普及に悪影響をもたらしかねない。そこで政省令の内容が鍵となってくるが、重要なのは買い取り価格と条件だ。

 現在の素案では、太陽光を除いて「一律価格」としているが、これではドイツの90年代や英国の90年代に失敗した歴史に学ばない愚か者だ。これまで買取対象から外されていたメガソーラーは、一定の採算がとれる価格に見直すことになっているが、風力、バイオマス、小水力についても、それぞれの自然エネルギー技術の特性に応じて買い取り価格を慎重に設定しなければならない。

 価格については、発電プロジェクトごとにIRR(内部収益率)を6~8%程度に設定したモデルプラントを想定し、その結果によって価格を決めるアプローチを取るべきだ。そうして決定された価格であれば、企業がミドルリスク・ミドルリターンの投資事業として認識し、普及・拡大につながる。

 また買い取り期間も、家庭用の太陽光発電だけが10年と短めに設定されているが、事業所用と同水準の20年にするべきだろう。

次のページ>> 「余剰」だけでなく「全量」買取制度に変えるべきだ


mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




再生可能エネルギー特別措置法案、問題は実施のための政省令_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



再生可能エネルギー特別措置法案、問題は実施のための政省令_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
再生可能エネルギー特別措置法案、問題は実施のための政省令_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15157579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-07-22 18:08 | エネルギー政策 | Trackback