人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ノルウェーの民主主義はそれでも屈しないはず!

オスロ官庁街で爆発、銃乱射も

わたくし、さとうしゅういちは、今回テロがあったノルウェーの首都オスロを2007年春に訪問しています。

印象深かったのは、ノルウェーの民主主義が社会に根を下ろしている事です。

議員にしても、身近である。特権階級ではなく市民の代理人としての議員である。

逆に言えば、「いくらでも、政治家の供給源」があるのです。

そういう国でテロをやっても、体制を揺るがす事は無理でしょう。
(逆に言えば独裁国家で人々の不満がたまっているときに、暗殺等が起きると、体制がひっくり返る事がある)。

以下、三井マリ子さんのブログより。

ノルウェー襲撃犯と民主主義

http://frihet.exblog.jp/16634917/


アンナス・B・ブレイ(Anders Behring Brei)という男性が襲撃犯として逮捕された。写真。

32歳のノルウェー人。生まれてからこれまでオスロに居住し、20代で極右組織に入り、ネットで異常な書き込みをしていた。一時、ヘードマルク県レーナ市で野菜栽培をする会社を営んでいた。自分を国粋主義者と呼び、多民族の共生に不快感を表していたーーこう報じられている。移民出身かどうかは不明。

彼の書き込みは、インターネットサイト(ドキュメント・ノルウェー、反イスラム系サイトと称される)で読める。

外国人でもノルウェーでは3年住むと市民権、選挙権・被選挙権も与えられる。平等主義・民主主義の伝統があるからだ。一方で、犯罪の裏に甘い移民政策がある、と主張する進歩党や進歩党支持者たちが多い。とくに凶悪事件があると、イスラム系組織とむすびつけて考えることがある。

今回の悲劇が、移民対策など平等主義・民主主義に待ったをかける流れになるのか、と考えた。しかし、犯人と公開されている写真を見ると、その可能性は少なそうだ。

爆弾と襲撃による死は、確認されただだけで80人。

憔悴しきった表情で語った首相のコメントは、感動的だった。

「悪漢の手で我々は野蛮にも襲撃された。
しかし、われわれはこの小さな国を誇りに思っている。
われわれは爆弾で黙らない、襲撃で黙らない、脅迫をすることは決して許さない。
われわれは民主主義を捨てない。
今、苦しみの中にいる。今晩は、お互いになぐさめあおう、話しあおう…
そして明日、われわれの民主主義は決して屈しないことを世界に発するのだ。
襲撃に対するわれわれの回答は、さらなる民主主義であり、さらなる人道主義である」(仮訳)(http://frihet.exblog.jp/16634292/


http://www.vg.no/nyheter/innenriks/artikkel.php?artid=10080610


mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15162515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-07-23 15:42 | 国際情勢 | Trackback