人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

第12回ピンクリボンフォーラム「乳がんになってから知っておきたいこと」動画アップ!

第12回ピンクリボンフォーラム「乳ガンになってから知っておきたいこと」

2011.7.9(土) 13:30~16:40
「乳がんになってから知っておきたいこと」
  広島県民文化センター

各講演をYouTubeで御覧いただけます。


プログラム
13:35オープニングトーク
   檜垣健二先生
   (広島市民病院 乳腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=V60zHRHKZ4Q

13:50「毎日の過し方」
   村上茂先生
   (安佐市民病院 乳腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=k7qambnm4PA


14:10「乳がん治療の流れと最新情報」
   大谷彰一郎先生
   (広島市民病院 乳腺外科) http://www.youtube.com/watch?v=j7l7hZossRU

14:30「乳がんのホルモン療法」
   高橋 護先生
   (中国労災病院 乳腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=S9rcJdRrcSY


14:50「乳がんの化学療法」
   香川直樹先生
   (香川乳腺クリニック)
http://www.youtube.com/watch?v=sHAwKJ_l3VY

15:10「がん患者さんのための地域の
     療養情報サポートブックについて」」
   広島県健康福祉局がん対策課http://www.youtube.com/watch?v=62WPyfuZvXg


15:15休憩
15:30「乳がんの分子標的薬」
   角舎学行先生
   (広島大学病院 乳腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=Ggddigfdzhw

15:50「再発したときの治療」
   池田雅彦先生
   (福山市民病院 乳腺甲状腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=Xw-yy9PXAWU


16:10「患者の家族は高リスク」
   稲田陽子先生
   (中央通り乳腺検診クリニック)
http://www.youtube.com/watch?v=HcZjx1mTU64


16:30エンディング
   大谷彰一郎先生
   (広島市民病院 乳腺外科)
http://www.youtube.com/watch?v=cYVfg_XKePg


講演をYouTubeにて御覧いただけます。

mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




第12回ピンクリボンフォーラム「乳がんになってから知っておきたいこと」動画アップ!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



第12回ピンクリボンフォーラム「乳がんになってから知っておきたいこと」動画アップ!_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
第12回ピンクリボンフォーラム「乳がんになってから知っておきたいこと」動画アップ!_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

Tracked from 乳がん 治療法 at 2011-08-06 20:34
タイトル : 乳がん(乳癌)の症状
乳ガンを克服したい方必見 乳がんは女性特有のがんの一種で、日本では約20人に1人の割合でかかるがんですが 早期発見することが可能で、がんの中では治る率が高いがんです。 早期治療を行うために、乳がんの症状や自己検診の方法などを知っておくことが重要です。 セルフチェックと、定期的な専門家による検診を受けて早期発見の機会を失わないようにしましょう。... more
by hiroseto2004 | 2011-08-02 19:59 | 介護・福祉・医療 | Trackback(1)