人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8.6平和の夕べ 関連企画


「8.6ヒロシマ平和の夕べ」関連企画のご案内です。

8.6ヒロシマ平和の夕べの関連企画も再度ご案内します。
 8月5日には、原水禁山口の主催で「上関・祝島現地交流ツアー」が行われます。午前7:15にJR広島駅「新幹線口」集合。バスに分乗して現地に向かいます。バスの中では、いろいろと主催者のお話を聞きます。
 バスと船を乗り継いで、祝島に着くと、漁師さんの船に分乗して、上関の海で魚釣りをします。主に鯛の手釣りです。
 その後は、祝い島のお母さん達の手作りのご馳走を戴きます。新鮮なお刺身や炊き込みご飯、お味噌汁や酢の物など、とってもご馳走です。
 食事の後、交流です。祝島の漁師さんやお母さん達、全国から集まった人たちの自己紹介や思いなどを話します。その後、また船に乗り、上関の原発建設予定地に行きます。今も監視小屋を作って建設反対を粘り強く闘っている現地の方たちの激励をします。
 帰りは夜になります。
 昨年私はこのツアーに参加しました。美しい海。一貫して建設反対を頑張り続けている祝島の漁師さんたちと直接触れ合うことが出来て、本当に感動しました。釣った魚とあらかじめ漁師さんが用意して下さっていたお魚もどっさり戴いて帰りました。
 写真は昨年、漁師さんの船に分乗するところと、上関の原発建設予定地です。写真を撮ったこの場所は埋め立て予定地です。
 参加の申し込みは090-1338-1841へ。参加費一人9000円です。
 8月7日は被爆電車・平和学習です。午前11時。JR広島駅南口噴水前集合。被爆電車に乗ります。11時半電車出発。電車に乗っていて被爆した米澤鐵志さんが一緒に乗って解説して下さいます。原爆ドームまで行って下車。少し時間がありますので、個人で平和公園の散策や食事などをして下さい。13時から、平和記念資料館東館地下会議室(2)で米澤さんのお話を聞きます。
 電車内被爆者で、今生き抜いていらっしゃるのは米澤さんお一人になってしまいました。一緒に電車に乗っていたお母様と、そのお母様の母乳を飲んだ妹さんは被爆後相次いで亡くなっています。ぜひ多くの方に米澤さんのお話を聞いていただきたいと思います。参加費は500円です。
 私は、8.6平和の夕べが近づいて緊張しているのでしょう。夢ばかり見ます。それも、変な失敗の夢ばかりです。しっかり準備をせよということなのでしょう。





mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




8.6平和の夕べ  関連企画_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



8.6平和の夕べ  関連企画_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
8.6平和の夕べ  関連企画_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15219103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-08-03 18:43 | イベント情報 | Trackback