人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

南相馬市長が「電源三法」に基づく新原発用交付金辞退【英断】

南相馬市は、東北電力の小高・浪江原発計画に関する「電源三法交付金」を辞退する方針を固めました。

電源三法は、田中角栄政権の時、若き日の中曽根康弘通産大臣がつくった法律です。
乱暴にいえば、わたしたちが払う電力料金に上乗せされた税金を財源に、地方の自治体のホオを札ビラで叩き、原発を作らせてきたのが電源三法です。

安全と引き換えに金を渡した、ともいえます。

しかし、事故で原発の危険性が明らかになってしまった。

そんな中で、金で安全を売り渡すのはもうごめんだ。そういう判断を南相馬市長がされたのです。

心から敬意を表します。

さとうしゅういちは、引き続き、新聞や街頭宣伝などで電源三法廃止を訴えます!

http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY201108030706.html
南相馬市、新原発の交付金辞退へ 住民の安全を優先
関連トピックス
東北電力東京電力原子力発電所





東北電力の小高・浪江原発の計画地点
 東北電力の原発新規立地計画がある福島県南相馬市は、この計画に関連する「電源三法交付金」の受け取りを、今年度から辞退する方針を固めた。原発の見返りに自治体財政を潤してきた交付金だが、東京電力福島第一原発の事故で、自治体の判断にも変化が生じている。交付金よりも住民の安全を優先させた被災自治体の判断は、全国に広がる可能性がある。

 電源三法交付金は、発電所の立地計画や建設が進む自治体に配分される。南相馬市が辞退するのは、この交付金の一つで、建設計画のある自治体に交付される「電源立地等初期対策交付金」。東北電の計画では、同市と浪江町の境で、浪江・小高原発の2021年度運転開始をめざしている。南相馬市は1986年度から、交付金を受けている。昨年度は約5千万円で、これまでの累計は約5億円にのぼる。

 交付金の対象自治体は例年5月と10月に、国に交付申請する。南相馬市は、東日本大震災の影響で5月分を申請していないが、10月も申請しない方針だ。

 桜井勝延市長は、朝日新聞の取材に「今回の原発事故を受け、将来的にも住民を脅かす原発を認めない。交付金を申請しないことで、新規立地に反対する市の立場を明確にできる」と説明している。



mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




南相馬市長が「電源三法」に基づく新原発用交付金辞退【英断】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)



南相馬市長が「電源三法」に基づく新原発用交付金辞退【英断】_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
南相馬市長が「電源三法」に基づく新原発用交付金辞退【英断】_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15228519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-08-05 06:29 | エネルギー政策 | Trackback