人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

泊原発の本格運転了承警戒警報

(以下拡散希望!)
----------------------------------------------------------
泊3号:地元町長などにファックスを! ツイッターで泊を止めよう!

http://e-shift.org/?p=1124

----------------------------------------------------------
泊3号の再開が強行されようとしています。福島事故の検証が終わらぬうち、ま
た、原子力安全委員会の呆れたお手軽審議を許したまま泊3号の再開を許せば、
いままでの原発依存の構造を許すことにもなりかねません。

泊3号機 知事、16日にも容認表明 営業運転に即日移行
(8/13、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/311559.html


鍵を握っているのは地元の自治体です。
みなさん、短いものでいいので、地元自治体にもファックスなどで呼びかけて下
さい。
たとえば、安全委員会の「お手軽審議」の状況を伝え、住民向けの説明会開催を
要求してください。また、原発から北東部の住民は、事故がおこった場合逃げ場
を失うという報道もありました。
北海道に知り合いのいる方は、ぜひ、この情報を北海道方面に拡散して
ください!

以下の自治体に、「泊を止めて」とファックスを送りましょう!

● 泊原発から半径10キロ圏内の4町村(道が意向確認中)と札幌市への要請メールあて先

牧野浩臣・泊村村長
kikaku@ad.vill.tomari.hokkaido.jp
山本栄三・共和町町長
kw.soumu@soleil.ocn.ne.jp
上岡雄司・岩内町町長
http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/mail.shtml
高橋昌幸・神恵内村村長
http://www.vill.kamoenai.hokkaido.jp/mail/index.html
上田文雄・札幌市長(泊原発プルサーマルにも反対表明)
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/mail/index.html
● 10キロ圏外の周辺町村(脱原発の方針を表明)

余市町長 嶋 保 様
余市町役場 http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
TEL 0135-21-2111 FAX 0135-21-2144
info@town.yoichi.hokkaido.jp

倶知安町長 福島世二 様
倶知安町役場 http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/index.jsp
〒044-0001 北海道虻田郡倶知安町北1条東3丁目3番地 
TEL:0136-22-1121 FAX:0136-23-2044
E-mail : infotown.kutchan.lg.jp

ニセコ町長 片山健也 様
ニセコ町役場 http://www.town.niseko.lg.jp/inquiry/
片山健也町長と町のツイッターあり
〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121 FAX:0136-44-3500

黒松内町町長 若見雅明様
黒松内町役場  http://www.kuromatsunai.com/
〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内302番地1
Tel:0136-72-3311 Fax:0136-72-3316
buna@town.kuromatsunai.hokkaido.jp

蘭越町長 宮谷内留雄 様
蘭越町役場 http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/
〒048-1392 北海道磯谷郡蘭越町蘭越町258番地5 
TEL 0136-57-5111(代) FAX 0136-57-5112


ポイント:
○原子力安全委員会の「二重チェック」は、まやかし。審議時間たったの15
分で、保安院の説明をきくだけ。
○泊3号だけ、本格運転再開にあたって、特別扱い。福島事故の教訓は、何一
つ反映されていない。
○設置許可の前提となっている安全審査指針があやまりだったことは、原子力
安全委員会、保安院も認めている。
○周辺に活断層があることを指摘する専門家もいる。住民は、大きなリスクに
さらされる。
○万が一、事故が生じた時、泊原発の周辺の北東部の住民は逃げ場を失い、
見捨てられた状態になる可能性がある
○少なくとも、住民には説明会が開かれるべき。

※私もレターを送りました
http://dl.dropbox.com/u/23151586/tomari3_letter.pdf

※参考:美浜の会の手紙
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/tomari_letter20110812.pdf
------------------------------------------------------------
ツイッターで泊をとめよう!
みんなで、地元自治体に呼びかけよう! ファックスを送ろう!!
「原子力安全委員会の二重チェックはまやかしです」
~泊3号の営業運転再開は認められない~
http://e-shift.org/?p=1124
※安全委員会、呆れたお手軽審議のUstはこちら
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1195

------------------------------------------------------------
◇官邸ツイッターは @Kantei_Saigai
◇高橋はるみ北海道知事
(FAX) 011-232-0162 tel  011-231-4111 (北海道庁)
高橋はるみ知事のツイッターアカウント<@haruchan_t


以上です。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15281032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-08-15 18:51 | エネルギー政策 | Trackback