人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

シンポジウム「大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育」(河野先生ブログより)

キャンパス・セクシャル・ハラスメント全国ネットワーク全国集会報告続き

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-92b8.html

シンポジウム「大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育」
 午後はシンポジウム『大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育』と全体会が行われました。全体会では、「キャンパス・セクシャル・ハラスメント等 処分報道資料」2010.9ー2011.8と「裁判資料2011」も配布され、説明もされました。前者では39件の、後者では119件の報告がありました。これは、大学など高等教育の場でのことであり、高校までの学校での件は含んでいませんし、裁判資料には提訴・起訴報道は含まれず、裁判のみです。私は、その数の多さに、改めて仰天しました。
 



また、キャンパス・セクシャル・ハラスメント全国ネットワークは、2002年、第8回全国集会で提言「被害を受けた人の権利保持と権利回復のために」が、採択されています。そして2009年、第15回全国集会にて改めて提言をしています。大学に対し、また学会、日本学術会議、高等教育評価機関、文部科学省、内閣府男女共同参画局、司法機関・弁護士会、マスメディア、医療機関等にたいしても。これらを詳しく読むと、現場で多くの人々がこれについて尽力していることがわかり頼もしく思いますが、一方、それでも日本においてのこの分野は本当になかなかなのだということもわかります。
 そのような頼もしい会ではありますが、それにしてはどうしたの?というようなシンポジウムで、これにはがっかりしました。
シンポジストは今注目の京都教育大学関口久志さんの「被害・救済教育から加害防止教育への発展を」
高等学校養護教育のすぎむらなおみさんの「正しい性知識」「科学的な性教育」で、学生はかわるのか?」
首都大学東京の江原由美子さんの「どう進める?大学のジェンダー教育・性教育」
 受験勉強ばかりしていた大学生がほとんど性教育を受けていないというのは、村瀬先生の「恋人とつくる明日」の中にもしっかり書かれています。村瀬先生の講座には、受講希望の学生たちが殺到して抽選になっているほどです。大学生だって教育を 受けたがっていると私は考えています。でも、全国的に大学生に対してはほとんど出来ていないのが現状でしょう。
 私がとくに唖然としたのは、高校養護教諭の発表でした。「進学校の生徒はきっちり避妊ができている」「定時制の生徒は・・・」などなどのステレオタイプ的な学校や生徒の捉え方には本当にびっくりしました。「科学的な性教育」の科学の捉え方はまったく間違っています。
 卵子に精子が入って受精するという教え方も、「卵子が精子に向かって行って、勝者が入りこむことができる」から「卵子の殻が弱いところにいた精子が入る」から「それではあまりに女性が受身ではないか、卵子だって自分で動くんだ、動いて精子を選別しているんだ」という風に変わって行っている、こんな風に科学が変わっていると説明しました。
「それでは女性があまりに受身ではないか」というのは、科学ではありません。卵子が動くのは、卵管の繊毛の働きや圧の関係であって、自ら動く器官を卵子は持っていません。
 「生徒たちはよく知っている」の発言も??でした。この情報社会で沢山の性に関しての情報が撒き散らされており、ネットなどでそれらの情報にふれてはいても、私は若者たちは無知であると思っています。たとえば「コンドームなんて生徒は知っている、知ってはいても使わないだけ」と彼女はいいましたが、使わないこと、行動もちゃんとしなければならないということを若者は知っていない、行動をしなければならないのだということを知っていないということではないでしょうか。コンドームなんて、言葉では小学生だって知っています。
 私のデータで、避妊しなかったものの妊娠率、コンドームを使ったり使わなかったりした者の妊娠率、コンドームをきっちり使ったものの妊娠率、それらを数値として出すと、若者はびっくりします。使っても13.5%のものが妊娠するというデータには「使えば大丈夫と思っていた」とか。
 性感染症、検査をして全部の性感染症にかかってなかったという人がいます。でも、尖圭コンジローマや性器ヘルペスの検査は出来ないということはほとんどの若者は(大人も)知っていません。
 性交からどれだけたったら出産の予定日になるのか、いつまでが人工中絶ができるのか、女性にとって切実なこの数え方も教えられていません。10ヶ月でうまれると思っていた、まだ中絶は出来ると思っていたけど、間に合わなかったという若者たちがどれだけいるか。
 科学をちゃんと教えることがいかに大切なことか。
 それに、進学校の生徒がちゃんと出来ているのであれば、多くの大学での、多くのDVや人工中絶を受けなければならなくなった学生たちのことはいったいどう考えるのでしょうか。
 私は、進学校であれ、定時制の高校であれ、底辺校であれ(彼女が言った言葉です)、どんな学校で学ぶものにも、等しく性教育をして欲しいと思っています。彼女の発言に対して、フロアから涙ながらの抗議があったことを大会関係者はどう考えるのか、知りたいところです。
 それに、「性教育とともにDVについても教育しなければ」というフロアからの発言にも私はびっくりしました。DVは、性教育の大切なテーマです。性教育と別ものでは決してありません。人と人とのいい関係作りが性教育の究極のテーマであるといってもいいでしょう。
 そんなこんなで、私は今回のシンポジウムは??だったのです。最初からどうしようもない会であればそれほど期待はしないのですが、期待が大きかっただけに、後味が悪いものになりました。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/15389821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-09-07 18:30 | Trackback