人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

TPPはホントのおばけ。 京野公子さんHPより

昨日の民主党のPTでは、TPP参加には「慎重に」という結論になりました。

しかし、野田総理は、きょうにも、TPP交渉参加を表明します。

暴走する野田総理。

下の民主党衆院議員・京野公子さんのHPの「TPPはホントのおばけ。」というコーナーをご覧ください。

http://www.ham-chan.jp/TPP/TPP.html

TPPはホントのおばけ。 TOPへ戻る


①TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)って何?
(ここは集会会場となった公民館。集会も終わり際、Aさんが京野きみこに尋ねます。)
Aさん 「ところで、京野さん。最近、"TPP"って言葉をよく聞くね。大事な問題らしいけど、そもそも、TPPってなんなの?」
京野 「TPPですか・・・。そうですね、TPPとは、自由貿易協定の一種です。 自由貿易協定とは、"人や物が、国と国の間を自由に行き来できるようにする約束"です。 人や物が自由に行き来することで経済が刺激され、成長が促されます。基本的に私は、自由貿易には賛成です。 けれども、自由貿易という仕組みが、いつでも正しいわけではありません。たとえば、いくら自由貿易と言っても、発展途上国から一方的に搾取するのはいけません。 自由貿易協定は、あくまで自国の国益にかなったものでなければいけませんし、同時に、相手国の文化や経済規模を尊重したものであるべきです。 そして私は、TPPという協定から得られるメリットとデメリットを天秤にかければ、デメリットの方が大きい、と考えています。国益を損なうTPPに、私は反対です」
Bさん 「京野さんが反対なのは、農家を守るためでしょ?TPPで損をするのは農家だから」
京野 うーん。私は農家の生まれですし、秋田の農村風景が大好きです。 だから、農業を守りたいと思っています。けれども、TPPに反対する一番の理由は、別のところにあるのです。
実は、TPP交渉では、21もの分野で自由化の議論が進められています(作業部会は24)。 「関税の撤廃」は、そのうちの一つに過ぎません。他にも、医療や食の安全といった、私たちの暮らしに身近な分野が不利益を被る危険があるのです。 たとえば・・・(そう言うと、京野きみこは立ち上がり、ホワイトボードにペンを走らせます)」

『TPP協定交渉で懸念される事項』 ○ 薬の価格が、企業の考え一つで自由に設定出来るようになる可能性 …市場原理が導入され、人気のある薬は、どんどん値段が上がってしまう恐れがある。
○ 日本の食品表示基準が、諸外国に合わせて緩和される可能性 …遺伝子組み換え作物の表示義務がなくなり、食品の安全性が曖昧になる恐れがある。
○ 地方自治体の公共事業が海外企業に開放される可能性 …文書の英語化など、自治体の事務量は増大する。また、海外企業の参入で競争が激化し、地方の中小建設業者は不利益を被る恐れがある。
○ 国民の安全を守るための、「日本独自の基準」が認められない可能性 …たとえば狂牛病の発生以降続いている、米国産牛肉の輸入制限が撤廃される恐れがある。
参考:政府提出資料「TPP協定交渉の分野別状況」


②TPPは、経済成長をもたららすのか?

Cさん 「でも、TPPに参加するメリットはあるんだろ?デフレや不況脱却の特効薬になるとか」
京野 「もちろん、TPPに参加するメリットはあります。たとえば、日本の建設業者も、他国の公共事業に参入できるようになります。 また、ビデオのVHS規格のように、先進技術の分野で日本が作成した規格を、業界標準に採用できる可能性が高まります。 ただ、そうしたメリットを享受できるのは、短期的には一部の大企業だけですし、それらの大企業は、これまでもずっと利益を上げてきました。 現に、国民が長い不況に苦しむ間も、日本の貿易黒字は恒常的に高い水準にあったのです。いくら大企業の業績を改善しても、デフレや不況の解決には繋がりません。 TPPへの参加は、むしろデフレを悪化させる、と指摘されています」
Cさん 「でも、自由貿易の拡大は世界の潮流だし、TPPに参加しなきゃ、世界の成長から取り残される。 他の国に負けちゃうってことだろ?国会議員として、それはどうなの?」
京野 「もちろん、日本にとっても、自由貿易の拡大は重要です。全世界的な貿易ルールを話し合うWTOには、 153カ国・地域が加盟し、日本も議論に加わっています。一方で、TPPの交渉参加国は9カ国だけ (米国、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、ブルネイ、ペルー、シンガポール、マレーシア、ベトナム)。 しかも日本を加えた全10カ国の内需規模を比較すると、米国が69.7%、日本が21.8%となり、日米だけで90%以上を占めてしまう。 TPPに参加しても、日本の製品を購入してくれるのは、米国くらいしか見あたりません」
Cさん 「それそれ!アメリカは世界最大の市場だから、じゃんじゃん買ってもらわないと!そのためにも関税を撤廃して、商品を安くすべきだ!」
京野 「日本から米国への輸出額は、8兆6492億円(2009年度)。おっしゃるとおり、たいへん重要な市場です。 けれども、実は米国への輸出の4割は、すでに関税ゼロの品目なのです。そして、有税品目の輸出額の半分以上を占めるのが自動車ですが、その関税率はたったの2.5%。
中にはトラックなど、25%の高関税品目もありますが、これらはすでに、ほぼ100%が現地生産になっており、 関税削減による対米輸出拡大の余地は、極めて限定的なのです。実際、内閣府が発表した試算では、 TPP参加による経済効果は2.7兆円。GDP比では僅か0.54%の成長です。 しかもこれは、10年間の合計です」

③TPPがあれば食料自給力なんか関係ない?

Aさん 「え、それだけ?テレビや新聞じゃ、TPPは無敵の万能薬みたいな扱いだけど・・・」
Bさん 「いやいや、京野さんの話はごまかしだ!農業を守りたいからって、都合のいいことばかり並べ立てて! そもそも、農業は守られすぎだと思う。食料自給力なんていったって、有事の際は他国から融通してもらえばすむこと。 そのためにもTPPは必要。今だって農家を助けるために、俺たちは高い米を買ってんだから。・・・この際、TPPに入って関税を撤廃し、農産物も安くすべきだ!」
Dさん 「そうだ、そうだ!生活者の為のTPPだ!」
京野 「(苦笑いして) TPPを巡っては、「日本を開く」とか、「第三の開国」と言った言葉が新聞やテレビに踊りました。 「農業」対「製造業」の構図が作られ、私たちTPP慎重派は、農家票を目当てにした「古い政治家」だと言われました。  けれども、これまでお話ししてきたとおり、関税を撤廃しても輸出分野での利益向上は限定的。一方で、農業の疲弊は極めて急速に進み、 このふるさとは瞬く間に失われてしまうでしょう。失ったものは、二度と戻りません。これは、経済合理性におさまらない問題です。 あらためて、そのことを冷静に考えていただけませんか。また、今、Bさんがおっしゃったように、有事には他国から食料を輸入すればいい、 というご意見があります。けれども、国家には国民を守る義務があります。小麦を輸出禁止にしたロシアのように、 有事となれば、自国の安全を優先させて、日本への供給を止めることだってあるでしょう。
仮に輸入できたとしても、 需要に対して著しく供給のバランスを欠くわけですから、価格も高騰します。そのようなリスクに国民をさらすことは、 果たして、国家のあるべき姿でしょうか?生活者のことを考えれば、やはり、自国の食料は自国で供給できる体制を確立、保持すべきです」

④米韓FTAに透かし見る、TPPの正体とは?

Aさん 「(ため息をついて)うーん。聞けば聞くほど、TPPって、ワケがわからん!」
京野 「そうですね・・・。そう言えば先日、TPPに反対する私たちを表して、”TPPおばけを怖がっている”、と発言した方がいました。 TPPに関するありもしない噂に惑わされて、過剰反応している、という意味です。けれども、実際にTPPはお化けです。 関税撤廃、経済成長のお面の下には、この国の形を壊そうとする”お化け”が潜んでいます。 具体例を挙げましょう。現在、TPP交渉をリードしているのは米国です。その米国が韓国と結んだ自由経済協定 (米韓FTA)からは、TPPの目指すところが透けて見えます。その内容は、実に驚くべきものです(再びホワイトボードに向かう京野きみこ)」

『米韓FTAの妥結内容』 ○ 営利病院の許可 …医療に関わる費用を病院経営者が自ら決めることが可能になり、病院の株主や債権者への利益配当も可能になる。先進的な技術を持った医者の囲い込みが進み、貧富の差が医療格差へ直結する恐れがある。
○ 医薬品の許可認定遅延の補償 …新薬への許可認定が遅延し、それが原因で米企業に損害が発生した場合、遅延期間に応じて、韓国政府は米企業に補償を行わなければならない。
○ 遺伝子操作食品規制の撤廃 …米国からの遺伝子操作食品に対して、韓国が独自の基準で検査を行えなくなる可能性があり、その場合、米国で認められた食品は、そのまま輸入せざるを得ない。
○ ラチェット条項(逆進防止装置) …一度規制を緩和すると、どんなことがあっても元に戻せない。たとえば、BSEが発生しても、牛肉の輸入を中断できない。
○ 非違反申立 …FTAによって米国企業が期待した利益を得られなかった場合、韓国がFTAに違反していなくても、米国政府が国内企業の代わりに、国際機関に対して韓国を提訴できる。
○ 米韓FTAの優先適用 …米企業、米国人に対しては、韓国の法律より米韓FTAが優先適用される。たとえば、韓国の法律では食用に出来ない牛肉の部位も、米国法が認めている場合は、それを輸入しなければならない。
参考:JA全中「TPP交渉参加断固阻止 情勢報告資料」


京野 「信じがたいことですが、これが現実です。あおぞら銀行金融法人部門のレポート(TPPに潜む危険性2011/9/5)でも、 米国の関心は、日本で報道されているような関税の撤廃ではなく、こうした「非関税障壁の撤廃」にあると指摘されています。 実際、日本のGDPに占める第3次産業(農業・製造業以外の分野)の割合は75%と高く、米国の真の狙いは、ここにあるのです。 医療、福祉、保険、金融といったサービス分野には、国民の安全と暮らしを守るための規制があります。それが撤廃された時、この国の未来は、また、そこに暮らす私たちは、どうなってしまうのでしょうか」
会場 「・・・」
京野 「TPPが国益にかなうのであれば、私も賛成します。けれども、手に入る情報を整理していくと、 明らかにデメリットが上回ります。国益とは、地方の利益の積み重ね。私は、地方切り捨てのTPPには反対です。 また、交渉には参加して、雲行きがあやしくなったら撤退すればいい、という意見を聞きますが、外交の常識とは違います。 「交渉に参加する」と言うことは、同時に、「TPPの締結に協力する」という意思表示です。・・・さて、随分長話になってしまいましたね。 最後に、オーストラリアで政府の研究機関が出した、ある報告書をご紹介します。
オーストラリアは、積極的な自由貿易協定を行っている国です。TPP交渉にも参加しています。 その国で2009年、当時のクリーン外務貿易大臣の諮問をうけた「生産性委員会」という機関が、自由貿易協定(FTA)の成果を一年がかりで調査しました。 結果は392ページの報告書にまとめられ、貿易推進派に大きな衝撃を与えました。報告書は、次のように書いています。
「自由貿易協定の締結によって、貿易の利益が大幅に拡大したという証拠は見あたらない。 逆に、外国企業の投資紛争の処理や知的所有権等の国内措置が、政府に多大なコスト負担をもたらしている」。 そして政府を、「他の国から遅れないように、といった考えから、安易にFTA交渉に突入した」と、厳しく批判しているのです。
参考:JC総研 「TPP疑問・反論シリーズ(10)」

TPPの正体は、ホントのお化け。そういえば、外も暗くなってきました。 みなさま、本日はお忙しい中、本当にありがとうございました!」(了)

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/16608230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-11-10 06:18 | 経済・財政・金融 | Trackback