人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

原子力協定反対・信念の政治家 京野公子さん 秋田3区

昨日のヨルダン等への原発輸出に道をひらく衆院本会議の原子力協定強行採決。

民主党で二人、反対した勇気ある議員がいます。

東海ブロックの小林正枝さん。
そして、秋田3区の京野公子さん。
Twitterアドレス:@kyonokimiko

京野公子さんは、奇しくもわたくし、さとうしゅういちの母と同じ1949年生まれ。
クリスマスに誕生し、仮死状態だったが、おじいさんに温められ助かったという奇跡を経験しています。

2003年、県議に初当選。2005年衆院選では惜敗し、2009年衆院選で初当選されました。戦後二人目の秋田県選出女性国会議員になられました。

京野公子さんは、TPP反対、庶民増税反対、脱原発の固い信念をお持ちです。

民主党内でもさとうしゅういちともっとも近いスタンスの方です。

そして、口先だけでなく、今回、反対票を投じ、造反されました。

造反と言っても、そもそも、大義がないのは、野田総理ら執行部です。

いま、造反することは、極論すればナチス支配下のドイツでヒトラーに刃向かうほど、勇気がいることだし、立派なことです。

さとうしゅういちは、彼女の選挙活動、政治活動を2008年から2009年にかけ、3回も飛行機で乗り込んで応援しました。そのかいはあったとおもいます。

京野公子は、21世紀のジャンヌ・ダルクである。奇跡でいきのびた命を、体をはって国民の暮らしを守るためにいかしておられます。

しかし、原子力協定反対票は京野公子さんと小林正枝さんという女性議員二人。

あと、棄権が以下の斎藤やすのりさんという男性も含む10名程度です。

斎藤 やすのり
@saitoyasunori
先ほど、私が原発輸出協定の採決に反対の意思表示をしたことで、国対副委員長から事情聴取。私からは『反党行為なので処分してください』と伝える。一方で、『国民からの負託を受けた者として国民を不安のどん底に陥れているものを海外に輸出することは許すことはできません』とも伝えました。
12月7 webから


それにしても、民主党執行部に京野さんや斎藤さんを処分する資格はない。民主党執行部は国民から処分されるべきです。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




原子力協定反対・信念の政治家 京野公子さん  秋田3区_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

原子力協定反対・信念の政治家 京野公子さん  秋田3区_e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



原子力協定反対・信念の政治家 京野公子さん  秋田3区_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
原子力協定反対・信念の政治家 京野公子さん  秋田3区_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/17022613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-12-07 07:28 | 新しい政治をめざして | Trackback