人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

イラク戦争の検証を求めるネットワーク メールニュース 2012年3月10日

イラク戦争なんだったの!?−
イラク戦争の検証を求めるネットワーク
メールニュース 2012年3月10日

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

 全国の賛同者の皆さま、こんにちは。「イラク戦争なんだったの!?
―イラク戦争の検証を求めるネットワーク」事務局の志葉です。

 この3月で、イラク戦争開戦から9年。福島第一原発の事故から一年が
経ちます。昨年末のオバマ米大統領の「戦争終結宣言」以来、国内外の
イラク報道は大幅に減っています。しかし、私は昨秋来日した、
イブラヒム・ムハンマドさんの言葉が忘れられません。

「イラク戦争は終わったと思うかですって?冗談じゃない。劣化ウランに
よる健康被害はこれから先もずっと続きます。戦争被害はむしろこれから
なのです」

 イブラヒムさんは、日本イラク医療支援ネットワークの現地スタッフで、
南部バスラでの小児白血・ガン患者の支援を行っており、昨秋の来日では、
福島県も訪問しました。「むしろこれから」というイブラヒムさんの言葉
は、今後の日本で、原発事故の影響として起こりうることにも当てはまる
のかも知れません。

 戦争であれ、原発事故であれ、あれだけ多くの人々が苦しみ、また生ま
れ育った故郷を捨てざるを得ないようなことを繰り返してはならないし、
あたかも何も無かったかのように、政治や社会の構造的問題を放置するべ
きではないでしょう。

 日本の政界は相変わらず、派閥争いやら党利党略ばかりが先行している
ように見えますが、だからこそ一層、市民が有権者としてもの申していく
べきなのでは、と改めて感じています。

 さて、今回のトピックです。

1. 関連イベントの紹介
2.イラク戦争映画情報『ルート・アイリッシュ』
3.賛同者の皆さんへのお願い
4.活動費のご支援お願い!
5. イラク戦争なんだったの!?関連書籍、関連動画


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1.関連イベントの紹介
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・3/9-14「イラクと福島のこどもたち 絵画と写真展」
・3/14 偽りの米軍再編 だれが沖縄に負担増を強いているのか
・3/19 イラク戦争映画『ルート・アイリッシュ』試写会招待
・3/20 イラク戦争から9年 シンポジウム
   「イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う」
・3/20 ピースウォーク金沢2012 特別講演会/集会とウォーク
・4/7 忘れていませんか?イラク戦争―開戦9年を考えるトーク―

☆以下、イベント詳細です。

--------------------------------------------------
【3/9-14・東京・関連イベント】
「イラクと福島のこどもたち 絵画と写真展」

311から間もなく一年が経ちます。
福島とイラク、写真と絵画でこの一年を振り返ります。
イラクの小児がんの子ども達からのメッセージや絵画、
福島の子ども達が描いた絵で世界がつながります。
現場の写真も多数展示。
チャリティグッズの販売も行います。

会場:ギャラリー日比谷(千代田区有楽町1-6-5)
時間:11:00-19:00(最終日は17:00)
連絡先:03-3591-8948(ギャラリー直通)
*11日の13時から、鎌田實医師のトークを45分ほど行ないます。
詳細・地図等↓
http://www.jim-net.net/event/120309picture/

--------------------------------------------------
【3/14・東京・関連イベント】
偽りの米軍再編 だれが沖縄に負担増を強いているのか

◆日時:2012年3月14日(水)午後7時〜9時

◆場所:世田谷区立烏山区民センター3階集会室

世田谷区南烏山6-2-19(京王線千歳烏山駅1分)

◆講師:半田滋さん(東京新聞編集委員)

◆参加費:800円

主催:今とこれからを考える一滴の会 03-5313-1525
協力:岩国とともに 蓮の会 0422-32-3081

--------------------------------------------------
【3/19・東京・共催イベント】
ケン・ローチ監督によるイラク戦争映画
『ルート・アイリッシュ』試写会招待

 PR会社のブラウニーさんのご好意で、本メールニュース
の読者の皆さんから、先着10組20名を試写会ご招待します。

『ルート・アイリッシュ』公式サイト
 http://route-irish.jp/

■日程:3月19日(月)
■時間:開場17:30/ 開演18:00
 18:00〜18:45 シンポジウム
 18:55〜20:45 「ルート・アイリッシュ」上映

■登壇者(予定):
 安田純平(ジャーナリスト)、菅原出(国際政治アナリスト)、
 ピーター・バラカン(司会・進行)

■会場:スペースFS汐留
 (東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)
■ご招待人数:10組20名様
 お申し込み:office@iraqwar-inquiry.net へ お名前と電話番号(任意)を
 3月14日(水)の午前中にまで、ご連絡下さい。

※上映にあわせてシンポジウムも予定。本作は、日本人にはほとんど知られていない
 民間軍事会社、民間兵という存在から浮かび上がる<戦争の民営化>という
 驚くべき真実が描く。現地をよく知るジャーナリストなどをパネラーに迎えて
 イラク戦争の実態を分かりやすく解説。

☆詳細は後述

-------------------------------------------------
【3/20・東京・主催イベント】

☆★☆イラク戦争から9年、原発事故から1年 シンポジウム☆★☆
☆★☆「イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う」☆★☆

 3月20日は、イラク戦争開戦から9年目を迎えます。

 日本政府は、米国のイラク攻撃を支持することは、日本の国益に
かなうと断言しました。その結果、10万人以上の市民が殺され、400万人
以上が家を追われ、避難しました。
 そのようなイラク攻撃を平和憲法を持つ日本が支持することは出来ない
と、開戦前に国に意見書を提出した唯一の県がありました。それが福島
です。
 そして、3.11の東日本大震災が起こり原発事故が起こりました。それでも
国は、国益にかなうとして、原子力発電を継続しようとしています。福島で
は何もなかったように、切り捨てられていくのでしょうか?
 イラク戦争の検証を求めるネットワークでは、元福島県知事の佐藤栄佐久
氏をお招きして、国策を問います。また、国際政治学者の高橋和夫氏には、
現在の中東情勢を解説していただき、イラクを含め、日本の外交政策を考え
ます。

パネラー:
佐藤栄佐久・元福島県知事
「唯一、イラク戦争に反対した県」基調講演

高橋和夫・国際政治学者
「イラク戦争とイラク、イラン、シリアを中心としたこれからの中東情勢」

佐藤真紀・日本イラク医療支援ネットワーク
「劣化ウランの放射能からイラクの子ども達を守る」

志葉玲・イラク戦争の検証をもとめるネットワーク
「イラク戦争の検証について」

発言:
イラク戦争検証議連から(予定)

フライヤー(PDF):
http://iraqwar-inquiry.net/files/iraq_fukushima20120320.pdf

日時:3月20日(火・祝)14時〜16時半
参加費:500円(+カンパ歓迎)
場所:明治大学リバティタワー12F 1123教室
地図↓
http://iraqwar-inquiry.net/?p=678841120

主催:イラク戦争の検証をもとめるネットワーク
共催:社会思想史研究会、市民社会フォーラム

-------------------------------------------------
【3/20・金沢・関連イベント】

☆彡 2012/3/20 ピースウォーク金沢 2012 ☆彡
イラク戦争開戦から9年目、大震災と原発事故から1年、集まろう。
http://pwkanazawa.com/

◆◇ピースウォーク金沢2012 特別講演会◆◇◆◇◆◇◆◇
子どもを放射能から守れ − チェルノブイリ、イラク、福島
現地ルポ −フォトジャーナリスト森住卓さん講演会

日時* 2012年3月20日(火・祝) 10:30〜12:30(開場 10:00)
会場* 石川県教育会館 3階ホール
チケット* 前売り1000円 ・当日1500円(高校生以下無料)
託児あり* 定員あり 3月13日(火)締め切り

◆◇ピースウォーク金沢2012〜それぞれの想いを持ちよって〜◆◇◆◇
3月20日(火・祝) 13:30〜石川県中央公園(金沢市広阪2丁目)
に集合 集会
14:30〜ウォークスタート

主催 ピースウォーク金沢実行委員会
全体の問い合わせ先 http://pwkanazawa.com
076-234-5556(喫茶メロメロポッチ内)

-------------------------------------------------
【4/7・神戸・共催イベント】
■□■市民社会フォーラム第73回例会■□■
忘れていませんか?イラク戦争
―開戦9年を考えるトーク―

日時:4月7日(土)19:20〜20:40(開場19:00)
会場:こうべまちづくり会館2階ホール
話題提供:志葉 玲さん
(ジャーナリスト、イラク戦争の検証を求めるネットワーク事務局長)
参加費:500円
当日、元町映画館で、『IVAW(反戦イラク帰還兵の会)
*明日へのあゆみ/〜いま時代はかわる〜』『ポスターガール』を鑑賞
された方は、チケット半券と交換で無料!
詳細:
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=13627

主催:市民社会フォーラム
共催:元町映画館、イラク戦争の検証を求めるネットワーク



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2.イラク戦争映画情報『ルート・アイリッシュ』
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 PR会社のブラウニーさんの御好意で、イラク戦争の検証を求めるネットワーク
枠で、10組20名をご招待します。『ルート・アイリッシュ』については、以下、
試写会案内をご覧下さい。
--------------------------------------------------------------------------------------
■映画「ルート・アイリッシュ」シンポジウム試写会
 イラク戦争で何が起こっていたのか?

この度、銀座テアトルシネマにて、2010年のカンヌ国際映画祭で話題となった
映画『ルート・アイリッシュ』が、2012年3月31日より公開が決まりました。

『麦の穂をゆらす風』や『この自由な世界で』などの作品で知られる
イギリス映画界が誇る巨匠 ケン・ローチ監督。
いつも新作の動向が注目さえる彼の最新作は男同士の友情を描いた感動作で、
イラク戦争の間に踏み込んだショッキングな内容が第63回カンヌ映画祭で
大きな話題を呼んだ。

『ルート・アイリッシュ(ROUTE IRISH )』 とは、イラクのバグダッド空港と
市内の米軍管理区域グリーンゾーンを結ぶ12キロに及ぶ道路のこと。
03年の米軍によるイラク侵攻以降、米軍や米側の要人が頻繁に使用するため、
テロ攻撃の第一目標とされる“世界一危険な道路”として知られる。

主人公のイギリス人は、民間警備会社からバグダッドに派遣された民間兵
(コントラクター)。危険な地域での仕事ではあるが、多額の報酬を手に入れる
最大のチャンスを思い、親友と共にバクダットに足を運ぶ。だが、その親友が、
最も危険と言われる『ルート・アイリッシュ』で死亡してしまい、当局が発表した
死因に納得がいかない主人公が、真相究明に動きだす…。やがて彼は生前の親友が
映ったショッキングな戦場での映像を入手するが、そこには恐るべき真実が隠され
ていた…。

■「ルート・アイリッシュ」
 3月31日(土)より、銀座テアトルシネマほか 全国ロードショー

■公式サイト:www.route-irish.jp

○監督:ケン・ローチ 『麦の穂をゆらす風』『エリックを探して』
○2010年/イギリス・フランス・ベルギー・イタリア・スペイン合作/
 英語/109分/カラー/原題:ROUTE IRISH
○配給:ロングライド

(C) Sixteen Films Ltd, Why Not Productions S.A., Wild Bunch S.A.,France
2 Cinema,
Urania Pictures, Les Films du Fleuve,Tornasol Films S.A, Alta Produccion
S.L.U.MMX

■お問い合わせ先:ブラウニー 山下・豊田  TEL:03-3354-6274
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/17498239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-03-11 00:36 | 反核・平和 | Trackback