人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する

橋下徹・大阪市長は連合・自治労、電力総連などを攻撃し、バカ受けしています。

さとうしゅういちは、連合なども、実際のところは戦後の「社会保障の企業主義」の枠内の組織にすぎないと考えています。

公務員や大手企業の正社員仕様のシステムで、そこから外れた国保加入者などは負担が重いという状況がずっとありました。

橋下市長に対しては、こうした「企業主義」的な社会保障に浴する層を打倒してくれるという期待がとくに低所得者層からはあったと思います。

しかし、現実には、橋下市長はむしろ、国保料を引き上げるという。これでは国保加入の低所得者と、大手企業正社員・公務員らとの格差は拡大するだけではありませんか?

http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11215392075.html?utm_source=echofon


橋下徹大阪市長が所得200万円で38万円の国保料負担は「贅沢三昧」として一層の負担増を計画
テーマ:ワーキングプア・貧困問題

 大阪市の市政改革プロジェクトチームが昨日、2012年度から3年間で約548億円の支出を削減する「施策・事業の見直し(試案)~市役所のゼロベースのグレートリセット~」を橋下徹大阪市長に提出しました。




 その際、橋下徹大阪市長は、「(大阪市の行政サービスの)贅沢三昧(ぜいたくざんまい)の状況からレベルを落とさせていただきたい」と発言したことが昨日付「日本経済新聞」で報道されています。




 橋下徹大阪市長が「贅沢三昧」だから削減・切り捨てるとした主な行政サービスは以下です。




 ○国民健康保険料引き上げ
 ○敬老パスの有料化
 ○1人暮らしの高齢者への配食サービス補助廃止
 ○上下水道料金の福祉減免の廃止
 ○保育料の引き上げ
 ○出産一時金の引き下げ
 ○学童保育事業補助金の廃止
 ○老人憩いの家運営費助成の廃止
 ○コミュニティー系バス運営費補助の削減
 ○大阪フィルハーモニー協会、文楽協会補助金の削減
 ○区民センターの統廃合
 ○男女共同参画センターの廃止
 ○障害者スポーツセンター統廃合




 今日付の「朝日新聞」大阪市内版は、「大阪市歳出改革案 子育て世帯も負担増」と題して、「保育料の保護者負担分が年1億5千万円増える。保育所に通う子ども1人あたり平均年4335円増。小学校や幼稚園の給食の食材配送費では、約1億2千万円を保護者負担とし、食材調達の民間委託を検討。給食費は月102円増の平均3706円。放課後の子どもを預かる学童保育105カ所と子どもの家28カ所への補助金を今年度で廃止、小学校の空き教室を使って行っている「児童いきいき放課後事業」に一本化する。現在約4千人が学童保育や子どもの家を利用しているが、補助金廃止で大半が立ちゆかなくなる。」と報道しています。




 この学童保育への補助金の廃止は、文字通り学童保育の廃止に直結します。働く親たちの「わが子が放課後を安心して保育してもらえる場所の確保」という願いと、子どもたちのすこやかな育ちの場が奪われてしまうのです。




 きょうのNHKテレビで、18歳未満の子どもがいる専業主婦世帯のうち、8世帯に1世帯が貧困の状態にあり、その半数が『子どもの預け先がないために働けない』という調査結果(独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査)」を報道していました。大阪市の保育料引き上げなどの負担増は、こうした子育て世代の貧困をさらに加速させるものです。




 最後に以前このすくらむブログで紹介したものですが、今回の大阪市の改悪メニューにも入っている国民健康保険料引き上げ問題にかかわっての大阪社保協の宣伝ビラを再度紹介します。




 そもそも今の大阪市の「所得200万円で38万円の国保料」という大変な負担状況の一体どこを見て橋下徹大阪市長は「贅沢三昧」と言っているのでしょうか? 国保料が高いため、病院に診てもらうこともできずに亡くなる方が増えるなかで、この橋下徹大阪市長の国保料引き上げは絶対に認められません。



▼橋下大阪市長が貧困世帯の負担増を検討-所得200万で38万円と今でも限界超える国保料を引き上げ



 ※橋下徹大阪市長が貧困世帯にさらに負担増を押しつけ、大阪市民のいのちと健康を削ろうとしています。大阪社保協 からいま届いたビラを紹介します。



 ◆橋下さん、国保料引き下げも減免もやめるって、
  市民は保険料払うために生きてんのと違うで!!




 ◆繰入やめたら一人2万円、4人家族なら8万円以上の保険料値上げに!!


 ◆加入世帯の8割が所得200万以下の貧困世帯!!お金持ちなんて殆どいない!!




    ▼所得200万円で38万円の国保料
     いまでも限界を超えている大阪市の国保料





 橋下市長は国保会計に対して一般会計から独自に繰り入れている約200億円の見直しを検討しています。今でも大阪市の国保料は高いのですが、それでもこの200億円の繰り入れで一人2万円、家族4人だと8万円国保料を引き下げているのです。




 さらに大阪市が独自に行っている3割減免(4人家族の場合、所得145万~213万円世帯の保険料を減免)も廃止すると言っています。




 大阪市国保の特徴はとにかく低所得者が多いこと。世帯所得200万円以下がなんと83%以上、一方400万円以上はたった4.7%にすぎません。






 そして所得200万円の家族4人だと国保料はなんと38万円!! 高すぎるから滞納が多いのです。市民は国保料を払うために生きているのではありません!!(大阪社保協作成)






■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する_e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
橋下市長の国保料引き上げは社会保障の企業主義と格差を強化する_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

NPO法人 リボン運動 がんの薬を普及する会

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/17703788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 話題の2ちゃんねるニュース at 2012-06-02 20:05
タイトル : 【大阪】 橋下市長に言わせて…改革案に意見1万9千件 高..
1 :◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2012/06/01(金) 21:28:31.95 ID:???0市民サービスの大幅カットを盛り込んだ大阪市政改革プランの素案に対するパブリックコメント(意見公募)に、1万9000件以上の意見...... more
by hiroseto2004 | 2012-04-06 22:11 | 大阪府政 | Trackback(1)