エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

自由と生存のメーデー2012――雑民の希望      てんでばらばらの声を響かせよう

自由と生存のメーデー2012――雑民の希望
     てんでばらばらの声を響かせよう
mail:freedom.and.lives@gmail.com
twitter:maydayFandL
weblob:http://d.hatena.ne.jp/mayday2012/
=========================================

残念ながら「絆」合奏による「復興」行進曲に私たちを巻き込むことはできな
い。いくら彼らが派遣法の「改悪」や解雇予約付き雇用の制度化で「低額使い放
題」の工夫をこらしても、いくら彼らが福祉へ福祉の外へ社会の外へと遠心分離
機をぶん回しても、消費税を引き上げ困窮させようとしても、怖れおののき、答
えを求めるのは、不安定さを生きることに慣れないルーキーだけだ。

雑民の年季をあなどるな、コラ!

自らを雑と自覚した人々が、どれほど長い間、雑ななかまと雑な関係を楽しみ築
いてきたと思っているのか。身体、性、年齢、出身地、学校経験、経済状態、趣
味、職歴、国籍。今はそれらひとつひとつを軸にひととの差異を測り、資産とし
て活用することに汲々とするルーキーたちも、いずれはこの差異そのものを力と
して生きるようになる。だからまずは株主資本主義の無責任な震災便乗にすべて
が台無しにされる前に、てんでばらばらの声をあげよう。整除されない無調の
声。それが希望だ。



○日時 5月4日 13時→デモ 18時→集会
○場所 フリーター労組事務所
○連絡先 自由と生存のメーデー2012実行委員会
住所:渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F フリーター全般労働
組合気付

「自由と生存のメーデー2012」は<雑民の希望>をテーマとしています。
原発問題への対応と震災からの復興が主要な社会的な課題として持ちあげられ、
不安定さを生きる私たちの課題はともすれば後景化しています。いまあらためて
私たちが何を課題とするのかを議論する必要を強く感じています。上記の日程で
デモと集会を準備しますので、ぜひ当日の参加のみならず実行委に参加してくだ
さい。連絡を待ってます。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/17716100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-04-08 08:23 | 生存ユニオン・独立系メーデー | Trackback