人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

エネ会議パブコメ、菅前総理もメディアのミスリード心配

エネルギー環境会議のパブコメに応募し、脱原発を!

メデイアによるミスリードが心配
テーマ:ブログ

 昨日、「没後5年小田実さんをしのぶ会」に出席。私が学生時代2~3度参加した、小田さんが中心のべ平連のデモは、無党派グループの象徴だった。最近の官邸前のデモに似ている。




  原発比率などについて国民の意見を聞く取り組みが始まった。重要なのは原発ゼロ、つまり脱原発に向かうのかどうかだ。




  3案の中で、15%案が「徐々に減らす」案とメデイアでは紹介されている。しかし、15%案は2030年に15%と言うだけで、その後ゼロに向かうのか、原発を増やすのか不明。しかもその間、使用済み燃料からプルトニウムを取り出す再処理や高速増速炉「もんじゅ」は両論併記で、膨大な費用をかけて研究開発を継続させる案となっている。これでは「徐々に減らす」案ではなく、原発事業継続案だ。




  GDP への影響についても、原発停止だけの影響で、原発に替わる再生可能エネルギーへの投資によるプラス効果は含まれていない。




 エネルギー環境会議の資料は事務方が作っている。内容を十分、分析しないで、言葉をのそのまま使うメデイアによるミスリードが心配だ。


菅直人前総理については、消費増増税などを突然ぶち上げるなど大変なお方でした。そのことは今でも恨んでいますよ。

そのことはおいておいても、今回の指摘は全くその通りです。

15%案は「原発事業継続案である」ということです。マスコミのミスリードが心配と言う指摘、そのとおりです。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/18378353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-07-16 07:35 | エネルギー政策 | Trackback