人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【二十年前の新党が進めた「政治改革」が今の新党を苦しめる皮肉】

【二十年前の新党が進めた「政治改革」が今の新党を苦しめる皮肉】
衆院選は終盤にさしかかりました。マスコミの情勢調査では、自民党・公明党の旧与党が三百議席を超える勢いということです。
ただ、まだ五割の有権者が投票先を決めかねるありさま。また、衆院選に必ず投票に行く、という人が減っている。
民主党は凄まじい暴風雨並みの逆風。
新党は、組織がない、候補者が急ごしらえ、党の知名度がないなどで、浸透していない。善戦しても、ガッチリした公明党の組織の支援で「下駄を履いている」自民党を上回るのは難しい。
これが、それでも中選挙区なら、未来の党や維新やみんなの党が、1993年の新生党、日本新党、さきがけのように躍進し、民主党もここまで壊滅的には減らない。新党主導の政権もありえたのでしょう。
あのときの新党が進めた「政治改革」が、皮肉にも、二十年後、新党を阻むとは皮肉です。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/19346979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-12-12 12:58 | 衆院選2012 | Trackback