人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【安倍インフレと『鎖国』の可能性】

【安倍インフレと『鎖国』の可能性】
安倍自民党は、お金をジャブジャブ刷ることを公約。自民党勝利を受けて、円安、株高が進んでいます。

さて、今回の円安ですが、効果はいかほどか?

輸出大手にとっては短期的にはいいでしょう。

ただ、輸入物価は上がります。

庶民生活や中小企業経営は、消費税増税もあわせて、苦しくなる可能性が高い。

長期にはどうか?
昔と違い、円安が貿易黒字の拡大をもたらすことは考えにくい。

重厚長大産業が衰退しているからです。

円安が貿易黒字をもたらした時代には、その反動で必ず円高が起きて反撃されていました。1994年ころや、2003年ころが良い例です。

しかし、今回はそれはないのではないか?

かつて、日本が得意とした重厚長大産業は衰退しました。

従って、円安→大幅な貿易収支改善という可能性は低い。

長期には、円安傾向から、例えば食料やエネルギーも自給自足的な方向を目指さざるをえなくなるのではないか?もちろん、その方がエネルギーロスも少なく、環境に優しいのですが。

実は、これは、江戸時代初期にも起きました。

日本産の銀が国際競争に敗れ、海外のモノが買えなくなった。やむなく、自給自足的な方向に向かった。

それが『鎖国』の真相なのです。

もちろん、貿易も足りないものについてはそこそこ行いました。そして、江戸市民はロンドン市民より衛生的な生活を享受しました。

わたしは、別に自民党は支持しません。

後世の歴史教科書は、安倍インフレ政策を『鎖国の端緒』として位置付けるかもしれません。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/19380133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-12-19 19:51 | 衆院選2012 | Trackback