人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

【とうかさん観光客の前で街頭演説・・緑の党・ひろしま】

【とうかさん観光客の前で街頭演説・・緑の党・ひろしま】_e0094315_17532583.jpg

【とうかさん観光客の前で街頭演説・・緑の党・ひろしま】_e0094315_17532542.jpg

【とうかさん観光客の前で街頭演説・・緑の党・ひろしま】_e0094315_17532588.jpg

【とうかさん観光客の前で街頭演説・・緑の党・ひろしま】
6月8日(土)、緑の党ひろしまは、十六時から街頭宣伝を八丁堀中国銀行前で実施しました。
わたくし、さとうしゅういち(緑の党・ひろしま)共同代表、竹島宗和事務局長、そして久山公明・片目失明者友の会会長がマイクを握りました。
わたくし・さとうしゅういちからは、フクシマ生まれの母を持つヒロシマ市民として核被害のない世界をすぐろ奈緒、山本太郎と一緒に作る決意、元介護・福祉担当の役人として誰もが置き去りにされない日本を田口まゆと一緒に作る決意を表明。
緑の党は多様性に富んだ市民のための政党だ、と訴えました。竹島事務局長からはアベノミクスはサギノミクスだと指摘があり、再分配重視、中小企業重視の経済政策をと訴えがありました。そして参院選は政策を吟味して参加をと訴えました。久山さんからは片目失明者も障害者認定を、との訴え、そして一部の人ばかり儲かる今の政治批判がありました。
初の本格的な都心での参加型、組織だった街頭宣伝でスタートを切りました!
by hiroseto2004 | 2013-06-08 17:53 | 参院選2013 | Trackback