人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

『頑張った結果がこれかよ?!』というやり場のない怒りと新しい道

【『頑張った結果がこれかよ?!』というやり場のない怒りは判るが】
【『頑張った結果がこれかよ?!』というやり場のない怒りと「新しい道」】
 今、日本人の多くは、『頑張った結果がこれかよ?!』という怒りは感じておられると思います。
  ついこないだまでは、「大幅な貿易黒字」ということは日本人が馬力をかけてきた(がんばりすぎていた)証左。
  しかし、その結果が、いまや、カローシ大国、そして人口減少、原発事故、地方の衰退。そこへ増税が覆い被さっています。人口構成の高齢化が、経常収支を悪化させ、アベノミクス円安と相まって、下り坂の日本を直撃している。

  みんな頑張ったはずなのに、『頑張った結果がこれかよ?!』になるのは当然です。

  最近の国政選挙では、多くの有権者が諦めて棄権する。一方で、『ほんまかいな?』と疑問を持ちつつも、『もしかしたら、安倍さんのおかげで神風的に回復するかも』と『微かな期待』を安倍さんに抱く人たちも一定いるのも事実です。

あれ?どこかで見た光景ではありませんか?

第二次世界大戦も『必死でみんな頑張った。』けど『頑張ったはずなのに、これかよ?!』という最悪の結末でした。

結局、戦略を誤ったまま、一生懸命頑張っても、かえって悪い結果を招くだけ。
これが歴史の教訓です。

 「無能な働き者は銃殺せよ」とはドイツの名将の格言。日本は、第二次世界大戦時も、今も「無能な働き者国家」に落ち込んでいる。間違った方向で一生懸命努力している。それもいわゆる世間的な意味で優秀な人ほど。エライ人ほど。

安倍さんだって仕事をしていないわけではなく、一生懸命、原発を売りに世界中を飛び回って頭を下げてきている。間違った方向ですが彼なりに努力はしている。

こういうときほど、ずるずると出口戦略がたてられない時があるのです。「努力したことを否定したくない」ばかりに、転換が遅れることがあるのです。

企業経営で言えば『損切り』ができなくなるのです。

 第二次世界大戦で国家が破綻した日本人は、しばらくは、日本はどうあるべきか腹を空かせながらも激しく議論したものです。あのときは、一時的とはいえ、民主的な風が流れ、女性議員も増え、労働運動も盛んになった。

 しかし、今、第二次世界大戦の教訓は生きていません。現状は、戦略が「間違っている」というより、「時代錯誤」になっているといったらいいかもしれない。そのことを、とくに高度成長やバブル時代の「成功体験」がなまじあるエライ人ほど認めたがらない。

 だけど、それでは破綻するだけ。若者からますます元気がなくなり、お年寄りに居場所がなくなる社会が進むだけ。地域が寂れ、デトロイトのように破たんする自治体が増えるだけ。
そして、エネルギー・資源浪費の果てに、核のゴミの山に押しつぶされるだけ。いまでもフクシマだけで国家存亡の危機だというのに・・・。

 だからわたくyし・さとうしゅういちは、ウケはいまは悪くとも、「エネルギー大量浪費・官僚中心・東京の大企業中心」の「日本国現体制」は『損切り』して、新しいやり方に切り替えよう、と訴え、そして実践してまいります。

 「新体制」では、いままでのようなぜいたくはできない。しかし、そのかわり、エネルギーや資源の浪費なんてしなくても、十分暮らしていけるよ。教育や医療の不安はない社会にできるよ。そのように断固として訴え手間いります。

 「えー、いままでせっかく努力したのに?!」という人のご反発は当初はいただくかもしれない。

だけど仕方がない。 日本国が『無能な働き者国家』のままでは、日本人が不幸だし、放射能で、世界にももっと迷惑をかけることになるのだから。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/21017603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-09-03 17:25 | 新しい政治をめざして | Trackback