人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

【デカすぎるからつぶせない?!】

【デカすぎるからつぶせない?!】
『デカすぎるからつぶせない。だから公的に支援する』
アメリカで金融危機になったときの銀行への公的支援の大義名分です。
しかし、そもそもアメリカの銀行は、規制緩和の下、やりたい放題をして、バブルをつくり、炸裂させた。
公的支援を受けるならその代わりに規制を受け入れてしかるべきだ。
だが、彼らは居直り、今度は『ビジネスを阻害するから規制はダメだ』という。
君たちにやりたい放題させたから、こういうことになったのに、反省のない方々です。
一方で、庶民や中小企業はやり直しの余裕さえ与えられない。
こんなことは許されないでしょう。また、同じ愚行の繰り返しになります。
庶民や中小企業にもやり直しの機会を今は時限的でもいいから保証することです。
『徳政令』は過激にしても、破産をしやすくする、債務のリスケなど、個人や中小企業にも適用したらいい。
そして、過去の重荷に囚われず、国民が前を向いて再出発できるようにしたらいい。
誰が特に悪いとは言えない。国全体が墜落しかかっているのだから、早く軟着陸して、次の乗り物=システムを考えたらいい。
一方、新システムでは、『デカすぎるからつぶせない銀行』を分割してしまうのも手です。

そして、『デカすぎるからつぶせない』ようなものを作らないこと、そういうものに頼らないシステムづくりが大事です。
デカすぎるからつぶせないものは、仕方がない、厳しい規制に従っていただく。
日本もアメリカも同じことです。
金融だけでなく、エネルギーなどの分野も東電を見るまでもなく、同じことです。
by hiroseto2004 | 2013-09-25 12:34 | 経済・財政・金融 | Trackback