人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

庶民増税+円安誘導+自民党政治の復活で迫る日本のデトロイト(ジンバブエ)化

【庶民増税+円安誘導+自民党政治の復活で迫る日本のデトロイト(ジンバブエ)化】
ついに、経常収支の黒字が過去最少に転落しました。もうすぐ、赤字に転落し、「対外資産を食いつぶす」段階に移行するのは時間の問題です。
日本国の生産力が弱っている中での円安誘導。結局は、自国通貨安による交易条件悪化効果で、国民の実質的な暮らしが貧しくなるだけになるでしょう。円安は輸出はしやすくなるといいますが、輸入品の値段が上がることでもあります。
 今の日本では、生産力を上げるのは、人材育成も含めて...時間がかかります。20年間、正社員採用抑制、そして非正規雇用拡大による使い捨てと続けてきたために、人材不足になっているし、これからもそのツケは日本や広島県を襲い続けます。これから、団塊世代も70歳以上になると、状況は壊滅的になりかねない。
さらに、安倍さんや舛添さんが新規ハコモノをどんどんつくると、維持費もかかります。そうなると、既存インフラの維持管理もままならない状況を引き起こしかねない。
 ハコモノ整備→企業が進出→企業が労働者の社会保障も面倒を見てくれるし地元中小企業も潤う というシナリオはもう成立しません。右肩上がりを前提とした自民党政治(自民党=経営者、企業内労組=革新・野党)の出る幕はないのですが、その典型的な自民党政治を都民は選んでしまったのです。
 一番今後あり得るシナリオは、コンクリートの廃墟と庶民増税と核のゴミだけが積みあがるという情けない日本です。                                                それを防ぐためには、インフラはメンテナンス中心への切り替え、そして人材育成への予算の切り替え、さらには、エネルギーや食糧生産力の向上をせざるを得ない。広島県であろうが、日本国であろうがその点は一緒です。もう「高い円」でモノを買える時代は終わり。
エネルギー浪費、人材使い捨て、これをやってきても、今までの遺産で食えたのは確かです。
しかし、経常収支が赤字になれば、遺産を減らす時代に日本も突入し、そうなると、転落は早いでしょう。たとえば、一つの家族でも、非正規雇用だったり、ブラック企業に使い捨てにされた若者世代もなんとか、親の資産で食えた時代はあったかもしれないが、資産を食いつぶしてしまえば、そうはいかない、ということです。
 00’年代初頭位に、円安誘導、積極財政をやって、(大人も含む)教育などへの投資を強化したり、非正規労働拡大をやめたりしていれば、まだ間に合ったのかもしれません。しかし、もう、ちょっと手遅れなのが今の日本です。「どこまで被害を最小限に抑えるか?」が政治の手腕です。
 正直、増税したから財政再建されるかと言えばそうでもない段階です。すさまじい交易条件の悪化により、特にエネルギーや食糧などについて、自給力を強化せざるを得ない状況に追い込まれるのは時間の問題です。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/21670906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-02-10 23:20 | 経済・財政・金融 | Trackback