人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【「ホワイト企業」に問題はないのか?】

【「ホワイト企業」に問題はないのか?】
いわゆる労働者を使い捨てにする「ブラック企業」が大問題なのは言うまでもありません。
しかし、労働条件がいいように見える「ホワイト企業」にも問題がある。
そういう「ホワイト企業」はじつは、広島では原発輸出関連企業に結構あったりします。
 自衛隊(大砲と原子炉の技術は共通部分がある)や電力会社への納入で業績が安定し、給料も安定。場合によっては公務員以上に雇用が安定している企業もあります。何年も病気休職と称て休んでいる人でも首にならない企業もあるとか。
  労働組合幹部の言うとおり、柳田稔元法相・金口巌県議会議員ら、原発推進議員の選挙運動をおとなしくやっておけば安泰。そこで組合幹部に逆らうと怖いですが。
しかし、そういう企業って、結局、給料や安定のもとは、原発ビジネスですよね?いくら、労働条件が良くても「うーん、いいのかよ????」と考え込んでしまいます。
構造転換を求めるしかないが、皮肉にも、経営者より労働組合が抵抗します。さらにその労働組合に民主党議員が頭があがらなかった。
しかし、長期には「お宅にとっても早く原発ゼロを見据えて転換した方がいいよ」と押し切るしかないでしょう。そのためにも、民主党の脱労働組合、とりわけ脱原発推進労働組合依存が必要です。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/21694464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-02-17 08:33 | 労働貴族 | Trackback